移転しました。
リプレイ通販:無料配布は5/31申込分をもって終了しました。
「天翔けるゴブリン!?」は一冊¥100です。
内容などについてはこちらを。メールフォームから問い合わせ下さい。
コミックマーケット70スペース確保。金曜です。

2006年03月24日

追伸・オモロバトン

へっぽこガイド購入。
キャラ設定とか読んでると、自分たちのキャンペーンもいつかこういうまとめを作ってみたいなと思います(もちろん自分たちの分しか作りませんよ、そんな自慰本!)。絵師がいろんなこと考えながらPCデザインをしてくれているもので、そういうのをまとめて、関わった人たちに読んでもらいたいです。




以前、「オモロバトン」というのが出回りました。
提唱者(?)はアキトさん。
回されて回答する人もいれば(私もな!ちくしょう!!)、自ら拾って回答する人もいましたね。


オモロかは置いといて

数の子さんの回答。
シンプル文章だったんですが、私はこの回答が一番スキですよ。


■Q7.TRPGは人生の役に立つ?


 うん。

 嘘はうまくなった。



個人的には、「はぁー?質問の意味がわかんねーぜ考えて出せやギャーコラテメーッ」って叫んでかみつくより、こういう風に軽く落としてくれた方が、読む方は爽やかに済ませられるのでスキ。

軽く、軽く。

たかが遊び(まぁされど遊びですが)。
セッションを離れたら、ジョークで落とすくらいの余裕を持っていきたいと、数の子さんのファンである私はますます彼女に惚れました。マル。



posted by 管理人 at 17:41| Comment(2) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

ためにならない解説「冬の輪舞」3

なんだか体調がおかしいですよ、わくわく。
春だからでしょうか。

「冬の輪舞」完結編。
実の父を包丁で刺した千鶴子はどんな伝説のお笑い芸人となるのでしょうか?
(やばい、濃すぎて胃にもたれる……)



続きを読む
posted by 管理人 at 11:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 昼ドラ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

ためにならない解説「冬の輪舞」2

熱を出して寝込んでおりました。
こんな時こそ完全休業、とか思いつつも可能な限り動こうとする自分にスタンディングオベーション!

「冬の輪舞」の続きです。
幼いころに取り替えられたという衝撃(笑撃)の事実を知った主人公たちがどうなるのか、何をどうしたらこうなってしまうのか、昼ドラに興味のある方だけどうぞ。



続きを読む
posted by 管理人 at 10:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 昼ドラ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

ためにならない解説「冬の輪舞」1

旦那の腹肉が年輪をうかがわせるようになってきたので、拳をめりこませて遊んでいます。ぐっぽんぐっぽん。ぐっぽんぐっぽん。痛い!と怒られました。柔らかくても痛いらしいです。

今日は「冬の輪舞」についてー。
去年の一月放映開始。世間さまでは好評だったようで、数ヵ月後に総集編がゴールデンタイムに放映されましたよ。
ポイントは「取り替えられた運命」「乳姉妹」ですかね。
乳姉妹。ちちしまい。なんかエロい響きです。どきどきします。
(考えすぎ)


パターンとしては上の他に
「底意地の悪いライバルが登場」
「主人公♀は貧乏でライバル♀はリッチ」
「主人公♀は不幸な生い立ち」
「好きになったのに、血がつながっている!」
「妊娠しても階段から突き落とされて流産」
「その流産が元で子供が生めない体に」
「服役」
「自殺未遂多発」
「事業が失敗する」

……かしら。
いつもながら具合の悪くなるようなパターンだ。

記事がダラダラ下に延びる傾向にあるので(すみませんね!)、ここらで切っておきます。

本当に視野狭窄でしまりのない記事なんで、お暇な方だけどうぞ。


続きを読む
posted by 管理人 at 11:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 昼ドラ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

ブラッディ・レインボウ

モンスター・レベル=1
知名度=16
敏捷度=16
移動速度=12(空中)
出現数=数十体
出現頻度=ごくまれ
知能=なきにひとしい
反応=暴力的
攻撃点=―
打撃点=―
回避点=12(5)
防御点=1
生命点/抵抗値=1/7(0)
→個体数30として/12(5)、6匹増えるごとに抵抗+1
精神点/抵抗値=1/8(1)
→個体数30として/13(6)、6匹増えるごとに抵抗+1
特殊能力=鱗粉(毒性値8、周囲1m、幻覚により行動不能、6匹増えるごとに毒性値+1、最大13、周囲+1m、最大6m)、精神的な攻撃は無効、吸血(行動不能の目標に対して打撃力10、追加ダメージ1、6匹増えるごとに追加ダメージ+1、最大+6)
棲息地=暖かい森
言語=なし
知覚=五感

熱帯気候の密林に住む吸血蝶で、大型動物の体液を吸って生きています。
体長30センチ、無色透明の大きな羽根が特徴で、薄暗い森の中では姿を見分けるのは困難です。
常に30頭前後の群れで行動し、エモノを見つけるとその周囲を飛び回り、幻覚作用のある鱗粉を振りまきます。それを吸い込んだ獲物が意識を失うと、いっせいに襲いかかって、鋭い口吻を突き刺し、体液を吸い上げます。
ブラッディ・レインボウの名は、犠牲者が虹色の強烈な幻覚に見舞われることに由来しています。

(西部諸国ワールドガイドp77より)



またワールドガイドにある文章のみの記述をデータ化したものです。
posted by 管理人 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナルモンスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

ハウリング・ハイタワー

モンスター・レベル=7
知名度=16
敏捷度=10
移動速度=0
出現数=単独
出現頻度=まれ
知能=なきにひとしい
反応=敵対的
攻撃点=―
打撃点=―
回避点=12(5)
防御点=11
生命点/抵抗値=43/20(13)
精神点/抵抗値=―/15(8)
特殊能力=精神的な攻撃は無効、炎に弱い、つむじ風(目標値14〜17、半径10〜20mの空間に“ウィンド・ストーム”と同等の効果。追加ダメージ7〜10、抵抗=効果半減)
棲息地=森林
言語=なし
知覚=魔法

温帯の森林に育つ巨大な樹木で、幹は非常に堅くて太く、成長するにつれて幹の中心部が崩れて空洞になります。幹の先端は風を受け止めるために斜めに大きく口を開けています。
幹の先端から吹き込んだ風は、幹の内部で渦を巻き、地表付近にある縦長のスリットから、真空の刃を持つつむじ風となって噴出します。地形や風力によって破壊力は異なるものの、そのつむじ風は半径十数mの範囲を荒れ狂います。風が吹くたびにまわりの草木は刈り倒され、居合わせた不運な動物はひどい裂傷を負うはめになるのです。そのため、ハウリング・ハイタワーの周辺には丈の高い草木が生えにくく、小さな広場が形成されます。
ハウリング・ハイタワーはそうやって競争相手を倒し、周辺の土地の養分と日光を独占しているのです。
(西部諸国ワールドガイドp77より)


※風の強さや地形等に応じて、目標値・効果範囲・追加ダメージはGMが決定して下さい。


ちょっと眠れないので早起きしてモンスターでもUPしてみます。
ワールドガイドにある説明文からデータを作った例です。
コッチ系はあと数種類あります。

今月に入ってちょっくらトライするかとUPしたオリジナル神性武器が、もう一部データを改ざんされてどこかのWiki(っていうの?)に転載されており驚きました。
私はトホホな気分ですが、作成者は「パクられた!」と何だかとても嬉しそうです。
まぁ、今月だけですからなぁ、データ掲載は……

誤字があったので慌てて修正。
やっぱ寝ないと人間ダメっすね。
posted by 管理人 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナルモンスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

スマートレディになろう

10日くらい前に、焼き鳥(手羽先)を食べたんです。お外で。
昨夜、外出しようとカバンの中を見たら、鳥の骨が入ってました……
泥酔してたわけでもないのに全く入れた記憶ナシ……

さて、カバンです。

コンベンションなどに行く女性に、提案。
前々から思っていたことで先日実践して「こりゃイケるんでないかい?」と思ったことなのですが。

TRPGでの女子ゲーマーのたしなみっていうか2

先人の記事を受けて作成。
別に男性に対する防御とかじゃなくて(んなもんしたことねぇよ!)、やっぱり女の子には見苦しくない所作の方がいいんでないかねと思ったので。

されど怪しい隠語とか出てくるし、興味がない男性には全くイミのない話ですんで。
週末予定がなくて暇な方だけ下にお進み下さい!



続きを読む
posted by 管理人 at 08:07| Comment(5) | TrackBack(2) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

「偽りの花園」に期待はできるか?

itsuwari.jpg

とりあえず、公式サイト(まだ試運転状態)のTOP画像を見て吹く人続出と思われるですよ。
こういうのが平気でまかり通るのも昼ドラ!

この作品が一部の女性に注目される理由は、「仮面ライダーヒビキ」のトドロキ&ザンキ(通称弦師弟)が出るからですね。
最初はトドロキの名前だけ発表されて後から「ザンキさんも出るらしい」となった時のおばたんたちの喜びようといったら。つかまたセットかよ。あざといのぅ。
やっぱり昼ドラは特撮ヒーローの虎の穴です。

キャストだけでは終わらない作品になって欲しいです、私の昼ドラライフとこのブログのためにも(笑)。
(でもザンキさんはまたを見せてくれると嬉しい!)

開始前に予習とパターン読み取り。



(左)矢作美禰子(みねこ)=遠山景織子。
網元の娘だけど本当は捨て子。
で、彼女が主人公。
主人公が不幸な生い立ち=素直でいいコです。
これがあとで変わっていくのも、キモいほど素直であるのもイイ感じです。
親がわからないってのは、のちのちにデカい伏線となります。
何パターンでもイケますぞ。

(右)糸川美琶子(みわこ)=上原さくら
女優さんは28〜29歳のはずですが、このようにセーラー服。
伯爵と愛人(芸者)の間にできた娘。
わけあって網元宅で育つ。
この「わけあって」ものちのちキますね!
「美しく、激しい気性の持ち主」
ライバルはこうでなくっちゃ!

自分的には、この二人、ガチ姉妹だと思ってるんですけど、どうですかね?
しかし、どっちがミヤコでミワコかがややこしい。
そこらへん慣れるまでガマン!

(あらすじコピペ・重要部分マーク)
同じ家で乳姉妹として育った矢作美禰子と糸川美琶子。美禰子は捨て子として、美琶子は早瀬川煕道伯爵の愛人の娘としてこの世に生を受けました。美禰子はささやかな幸せとして、結婚を夢見ますが、その夢は美琶子の手によって、切り裂かれます。結婚式当日、美琶子が美禰子の婚約者と心中してしまったのです。しかし、その事実は周囲の大人たちの思惑によって伏せられてしまうのでした。
 時を経て、早瀬川伯爵家では、家督相続の問題が巻き起こり、何も知らない煕道は家督相続人として美琶子に白羽の矢を立てます。しかし、その時、美琶子はすでに…。

美禰子「私が美琶子になる……伯爵家の娘になる……」



「人生すりかえ」、パターンとしては王道のひとつです。
「牡丹と薔薇」では、血を分けた姉妹なのに片方は病院から連れ去られます。
「冬の輪舞」でも、報酬欲しさに自分の子供と金持ちの子供をすりかえる父親というのが出てきましたしね。
自分で選んだか誰かにすりかえられたかの差はあれど、よく探せば案外あるパターンでした。

PC同士で人生すりかえる必要はないけど(笑)そっち系の香りのするPCも「たまには」いいんでないかい?
「記憶喪失」「天涯孤独」はよくあるけど(そう、よくあるのに「オレ特別!」だったり…)、そこに「愛憎」の入る隙間を作っても。

でも、「捨て子」くらいならオフィシャルのリプレイにあるけど(へっぽこーずではマウナ。小説でそこらへんをカバーされている。リプレイでは明るく振舞って養女として生きている)、記憶喪失はいないですよね。
(いたっけ?)
けっこーそういう「アタシ不幸なの!」設定が好きな人多いけど、内輪でグダグダにせずに終わる(ちゃんと見せられるものにする)には難しいのかな?

うーんと、もしGMやってるとして、全員が「天涯孤独」だとシナリオのタネがなくてイヤです(笑)。
適度に人間関係持ちましょうヨ。
(中には「面倒だ」「絡まれたくない」人もいるのかも。でも、TRPGで「絡まれたくない」って、それナニ……?)

次の昼ドラレビューはどれにしようかなあ。
ソレアでもう十分満腹のような気も。
posted by 管理人 at 14:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 昼ドラ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

封印の戦斧(パージャー)

知名度=14
魔力付与者=“礎の神獣王”ウルス
形状=鈍い灰色に輝くミスリル銀製のグレート・アックス
必要筋力=グレート・アックスに準ずる (両手で打撃力+5)
基本取引価格=銀貨  枚(非売)
魔力=攻撃力、追加ダメージに+1。パージ系のタレントの効果を高める

“礎の神獣王”ウルスの神性武器です。ウルスのビーストマスターは、“パージ・ウーンズ”、“パージ・ポイズン”、“パージ”を使用する際、達成値を+4する事ができます。また、“パージ・ウーンズ”、“パージ・ポイズン”にかかる封印のための時間を「封印にかかる時間÷使用者のビーストマスターレベル」に短縮することができます。



「封印の民は斧を好む」という記述があったのでアックスにしましたよ。
他の祭器(そう、神様が創ったから祭器!)はタレント使い放題だけどこれはちょっと趣が違います。

「使用する際は、『借り物である』『貸主は誰か』だけ書いてね→お題目」

posted by 管理人 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナル神性武器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TRPG用昼ドラレビュー『愛のソレア』

………(計算)

これで200記事目です。
よく続いたなぁ。
200本書いた時間を使えば何かできたに違いないとも思うけど、このブログのおかげでいろんな方と出会い、さまざまなことを教えて頂きました。
これからも、バカなことばかり書いていますが、宜しくお願いします。

ブログランキングは、登録して3日でえらいことになっています。
絶対何かの間違いです。
記事を読んで下さるだけでも嬉しいのに、ブログ広告のクリックもして下さり、ランキングもクリックして下さる方々には、なんとかちょぼちょぼ恩返しをしていかないとね。

記念すべき200本目の記事ではこの昼ドラ作品のレビューをしていきます!

『愛のソレア』

どうしてこれにしたかというと、どれも笑えるんですが(ヒットしたものは)、特に笑えたので。
前の記事で「特撮は好みがある」とは書きましたが、TRPGには特撮好きな人の比率が高いので、特撮好きにはたまらない作品であったこの『愛のソレア』から、TRPGに使えそうな(ウソ)キャラのパターンやストーリーのお約束を抜き出していきます。

もし、誰か一人でも「ヒントになったよ!」って人がいたら、すごく嬉しいですね。
(いるか!)


好きな人を諦めて、娼婦になってまで生きる主人公。
彼の死をきっかけに一念発起して女優へと変身をとげますが、愛した人はなんと最初の彼の息子さん。


ってのがソレアを数行で説明するストーリー。
で、マニアにとっては……

もう、すさまじく東映大人のまんが祭り。

いつ変身してくれるんだか気になってしかたありません。
そんな作品でした!



あなたぁ!続き、読んでね!読んでねぇぇ!
posted by 管理人 at 08:23| Comment(2) | TrackBack(2) | 昼ドラ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

神馬の剣(スプリンター)

知名度=14
魔力付与者=“黒鹿毛の神馬”シルヴァリ
形状=ブロードソード
必要筋力=ブロードソードに準ずる
基本取引価格=銀貨  枚(非売)
魔力=攻撃力、追加ダメージに+1。“ホースダッシュ”の効果

“黒鹿毛の神馬”シルヴァリの神性武器です。シルヴァリのビーストマスターは、“ホースダッシュ”をタレント・ポイントを消費せずに無制限に使用できるようになります。



これからは、当サークルのオリジナルの神性武器を掲載していきます。
シルヴァリが一番乗りです。
今度出す本の主人公(格)がシルヴァリですから。

もしいいものであれば、データは使われるはずと思っていますので、著作権などについてあまり厳しく言うのは好きではないのですが。
一応主張しておきます。

旦那には、作ったマジックアイテムをレジェンドが勝手にむちゃくちゃに設定を変えたもんでキレた過去があるんで(笑)。

借りたものである・どこから借りたかだけ書いておいてくれれば結構です。
でも、教えてくれたら嬉しいな。

posted by 管理人 at 13:21| Comment(2) | TrackBack(0) | オリジナル神性武器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

昼ドラパターン解説・改訂版

昨夜、ブログランキングに登録したんですが、先刻見たらば52位でした。
ありがとうございます。
ってか、最初400位以下見てて名前がないから、「……圏外か……」って思ってたよ!

あとは落ちるだけですんで、いい思い出です。

しかし、順位とかではなく、「私の色」を出せたらそれでいいと思ってやってきてたんですが……このブログの半分はレジェンドでできていると言っても最近オーバーじゃないような気がするんで。


彼らにお歳暮贈らなきゃダメかね?

というわけで……

「ゆわっしゃぁぁぁ!-2-」
近日公開。



ランキングといえば偉大な先人海鴎@DDさま(マンセー)。
見習って、私もまめに更新することにします。
でもそんなに話題も多くないんで。
(4月に始まる昼ドラは詳しくレビューしていきますよ!)
ネタや時間がない時は、サイトで紹介しそこねた(面倒で)、当サークルのオリジナルマジックアイテムなどを紹介します。

はい、そこ。
「せこい」って言わない。


今日は、先日紹介した「昼ドラのメインストーリーを彩るパターン」を、さらに詳しく紹介していきます。メインが「姉妹の愛憎」「許されない恋」などでも、この枝葉のつけ方で変わってくるものです。
もしかしたら、こんなストーリーをPCにやらせるのはアレでも、面白いNPCとして出すのもアリかもね!

というわけで、全国のGMさん。
「明日はセッション……いや、もう今日だ……でもシナリオが思い浮かばない……」って時、この記事を思い出して下さい!
きっとシナリオソースになります!!
(ウソ)

また、よく「へぇ……昼ドラ見てみようかな」って人が周辺で増えてきたのですが。
別に絶対正解だ!とは思っていませんが、「笑いながら見よう!」とだけ申しておきます。
マジメに見てたらきっとムカついたり具合悪くなりますよ。
体質に合わないって人はほんとに見てて気分が悪くなるそうです。
ま、私の友人は私とどこかで通じ合ってる人が多いんであまり合わないってことがないそうですが(笑)。

私も、全部の作品は見ません。
バカバカしかったりノリがよかったりしたものだけです。

途中で投げたもの
「契約結婚」
「緋の十字架」
「女医・優」
「新・風のロンド」
原因は、やっぱり盛り上がりに欠けた(面白くなるかも?って頃まで我慢して見る気が起きない)・あまりにライバルも主人公もキモすぎた等(ありえなさすぎる性格はダメ)。



また、私個人が昼ドラ作品を見ての感想ですし、そのコメントの捕らえ方にも個人差があることでしょう。
それと、今妊娠中の方はあまり読まない方がいいと思います。
不快な単語があります。
しょせんテレビの中の出来事ですが。

……なんていちいち注釈つけるのもアレですけど、ひとつ了承できるならば下にお進み下さいということで!




役に立たないとわかってて続きを読むのもパターンね。
posted by 管理人 at 17:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 昼ドラ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

ゆわっしゃぁぁぁ!

「鴎の行くままに」様、一周年おめでとうございます!
ヒャッホウ!
実はうちも、今月末で一周年なんです。
アンド、もうすぐ記事が200本突破。
思い起こすと、最初の頃から海鴎さんには仲良くして頂きました!感謝です!!

きっと、こういうタチの悪いブログとは内心縁を切りたくてしかたがないと思うのですが、ヤダ!
これからも仲良くしてもらおう!
(大いなる迷惑)

この記事にTBしてしまってすみません(土下寝)。


というわけで、今日は三連休の中日なんですよ。
ひさびさの一日二本更新。

何故かというと……唐突に思いつきました。
いや、サイトの二周年企画として、ブログランキングに参加してみました。
海鴎さんがランキングでTRPGというキーワードを残そうとして頑張ってらっしゃるので、私も私も。
でもおそらく、春がくればやめるんですが。

ランキングに参加。

全然動かない順位。

いたたまれなくなって剥がす。

これがマゾ的にはたまらない!
(バカ……)


思い出すのもはっきり言ってキモいんですけど、思い出しちゃったんで。
で、ただの日記じゃあるまいし、やっぱり読者さまが喜ぶようなものを書こうと思ったんで。
読者さまのおかげで、多少なれど広告収入があるわけで。
(blogclick→、クリック宜しく!無料配布本印刷資金なのです♪)

今日の午前に記事書いてからね、夕方は持病のせいで腹痛吐き気で七転八倒+トイレでマーライオン一歩手前でね。
で、だいぶよくなってからこの記事のためにメモ帳開いてしこしこ書いてたんだけどね。
思い出してやっぱりまた具合悪くなったんですよ。

はい。

えーと、あの人。


あの女史。


私たちに恐怖を植えつける、それがレジェンドクォリティ。
今まで女レジェンドと呼称しておりましたが、やっぱり、年上(そりゃもう!)なんで。
「レジェンド女史」と言うことにします。

なんだかアメリカの推理小説に出てきそうじゃないですか?
(てめぇアメリカ人の推理小説家全員に謝れ)


というわけで。
いじめが嫌いな人・行き過ぎたウーマンリブやってる人はここでブラウザ・シャットダウン!
(ウーマンリブってお前何歳だよ)
不愉快にしかならないと思います。
私もいじめは嫌いです。いじめというと集団のアレのイメージ近いですけど……とりあえず、ものごっつ精神的に痛めつけられた私には言う権利があると思うのだが?(笑)
あと、実際遭遇してないのに話だけ聞いて「別にたいしたことないじゃん」というのはナシね。
チミだよ、チミ。


あ、あと。
『北斗の拳』が大好きな人も見ない方がいいと、マジで思います。





お前に一回殺された。
posted by 管理人 at 21:41| Comment(5) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新感覚・愛憎渦巻くTRPGにしよう!?

とうとう新しいカテゴリを追加してしまいました。
こういうことばっかり言ってるから「独特の」とか「新しい」と言われるんだけど……単に書いてる人がタダの変態だからなんです。

「昼ドラの重要ポイント」を押さえていたら、意外とコチラの世界にも通ずるものがありました。
もっとも、人によってどれだけそう思うかは違ってきますが。
共通していることはまず「誰かがデザインして、周囲をひきつける作品にしようとすること」かな?
GMがPLの興味をひくために工夫・注意することと、シナリオライターがドラマを面白くするためにしかけることはどこかしら似ています。


設定など、ちょっとありえないくらいがいい。
昼ドラは、相手を選ぶ。
常にテンションを維持する。


一つずつ、見ていきましょう。


「ちょっとありえない」
ほかのドラマでもそうかもしれませんが「近親相姦」「運命の姉妹」「死んだと思った恋人が生きていた」「かつては愛し合ったが今は憎悪の対象」など、そうそう転がっていません。
「非日常的」部分にドキドキすることって、ありませんか?
そうそう、「いつもと違う体験、それは冒険!」って、TRPGの基本!!

……まぁ私は「実は捨て子だった」とか「恋人をとられた」とか「バットで狙われた」「ゴーカンされた」は嫌ですがね……(笑)昼ドラは好きだけど、昼ドラみたいな生き方は勘弁。

テレビに向かって「おい!」ってツッコミが本気で笑いながらできればできるほど案外面白い作品かもしれません。
ドロドロは好きですが、ドロドロだけでは胃壁に穴があきます。
どこかで「ぷっ」と噴出すような成分が、人を昼ドラ中毒にするかどうかを握っているかもしれません。
最近は特撮ヒーローが出てるので見て、そこからはまる人が増えたんですが。

関係ありませんが……自分史などを作って出版社に「私の半生は激動なの!すごーくドラマティックよ!これは売れるわ!」って持ってく人はけっこういるようです。がしかし、その殆どが「世間一般からしたら平凡」だそうですよ。
なんだか、リプレイ作成に通ずるものがあって考えさせられます。


「相手を選ぶ」
昨日の記事に対するwoddさんのコメントにもありましたが、昼ドラは誰でも見て面白いものではありません。
それを言えば全てのテレビ番組がそうなんですけど、まぁ、「オレの好きなコレはきっと皆も気に入るさ!」かどうか、昼ドラさながらの盛り上がったテンションのままセッションにいかず一度は考えてみてもいいんではないでしょうか。

TRPGの話題とか、昨日のセッションでの爆笑した出来事だって、TRPGを知らない人からしたら全然わからないでしょう?どこが笑うポイントか。
それを一般人に言ってドン引きされるってのが「相手を選んでない」ってことなんです。

以前のキャンペーンでGM(結婚前の旦那)が用意したシナリオのフレーバーが昼ドラ。当時は「新・愛の嵐」が話題でした。もっとも、そのままは出してないので、きっと言わなければ昼ドラ風味だったとは気づかれなかったでしょうが。
PLが全員女性だったのですが、「許されない愛」「一途に兄を思うあまり●●になってしまった妹」でその兄の役である私をほっぽらかして周囲が大喜び。
(●●=すいませんまだリプレイ出してない部分なんで)

「兄さん…どうして?」
「私はただ、あの頃のように兄さんと一緒にいたかった、それだけなのに……」
「一緒になれないのなら、いっそ……」
勝手に妹の台詞作る。しゃべる。
(勤め人なので、きっと昼ドラは見てない人だったと思われ。)
GMも「そうそう、そんなカンジ」と止めない。
(止めてくれ。オレを悶絶させるな。)
多分コレ、PL全員男性だったらあそこまでヒットしなかったと思うなぁ。


「最後までテンションを維持」
……これがすごく重要です。
昼ドラはだいたい60話、平気で3カ月近く放映します。
ストーリーが中だるみしたら途中で主婦は見なくなります!
TRPGだと、「起伏が大事」だと思いますが、キャンペーンシナリオにしろ単発にしろ、PLの興味をあおれるかどうかがけっこう重要になってきませんか?
「途中で飽きる」こともあるわけですから。
飽きられそうなのが見えたら、じゃあどうやって興味を引き戻そうか考えますよね。
「GMは準備をある程度しておけば、あとは勝手にPLが……」という論があります。確かにそうですが、かといってそこらへんの努力は丸投げせず、GMもPLが嬉々としてのってくる材料を適度にいつもバラまけるよう用意していく方がいいセッションになると思います。いつでもPLが勝手に楽しくやってくれるさというわけにもいかないでしょうから。
気心が知れていればまだ相手のツボも心得ていられますけどね。

セッション中、皆で脱線して爆笑していると、誰かが「さぁ、脱線は終わりだ!」と引き戻すことがあります。
もしかしたらその人は、脱線に飽きたのかもしれません。
時間管理がどうこうではなく。
単に自分が主役じゃない爆笑を許せないのかもしれませんがね(笑)。

やっぱり、中だるみのなかった昼ドラはヒットしています。
「急転直下のジェットコースター展開」もしくは「ブルドーザで踏み潰す怒涛の展開」をラストまで持っていかないと。

私どもは、録画しておいて夕食時に見るんで、中だるみ時期があってもある程度は見ます。
でも、会社のお昼休みなどに見ている友人はやっぱり中だるみを感知したらしく「なんだかこのごろ面白くないなぁ」と言うことがあります。

来週も視聴者にチャンネルを合わせてもらうために、金曜日のお話はけっこークライマックスシーンが多いんですよ(笑)。予告も時間を多めに取ったり。

TRPGもそうかもしれない。

TRPG中毒なマニアは、多少不便があっても(コンベでキモい人がいたり、会場遠かったり)ゲームしたさに我慢するけど、そうじゃないまだTRPG歴や意欲の浅い人って、「わかんない」とわりとすぐギブアップしますよね。


連れられてきたはいいけど、説明が足りないテーブルに入ったり、わけのわからんネタ(濃いアニメや内輪ネタ)連発されて、自分は全然わかんないのに周囲の人は大爆笑してたり。
で、隣の人が不気味オーラ発してるわ、頼みの友人もなんだかここに来ると雰囲気違うわ。
そうなると、
「なんか向いてないみたい……」
「そ、そんなことないよ!今に面白くなるから!」
「いやー、もういいわ。よくわかんないし」
ってことに。
私もそういう気持ちになったことがあります。それでも、TRPGしたかったから耐えて、今では立派なキモイ人になりました。
(あれ?)

話がずれました。
昼ドラ中毒者は、「今はテンション低いけど、この後高くなるはず」とか思って耐えますが、ビギナーや興味のない人はやっぱり「なんかダラダラした話だな」と思えばすぐチャンネルを変えてしまうんですよね。
かく言う中毒な私も、面白くないなと思ったら見るのをやめます。
逆を言えば、最後まで見た作品ってやっぱりヒットした部類に入ってます。
「私の目は確かなのよ!」ってんでなくて、やっぱり「面白かった」んでしょうね。他の人にも。

今度からちょびっとずつ昼ドラレビューでもしようかな(笑)。
もしかしたら、これを読んだ皆さんが「次のシナリオ、ちょっと愛憎成分入れてみようかな」って思ってくれるかもしれません。
「う、うそぉー!ありえねーよそれ!」
テレビ見て私がそう叫んだ演出を、どこかでPLさんが叫んでくれたら、すごく面白いじゃないですか。



牡丹と薔薇 DVD BOX




牡丹と薔薇 ノベライズ
posted by 管理人 at 09:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 昼ドラ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。