移転しました。
リプレイ通販:無料配布は5/31申込分をもって終了しました。
「天翔けるゴブリン!?」は一冊¥100です。
内容などについてはこちらを。メールフォームから問い合わせ下さい。
コミックマーケット70スペース確保。金曜です。

2006年03月02日

新感覚・愛憎渦巻くTRPGにしよう!?

とうとう新しいカテゴリを追加してしまいました。
こういうことばっかり言ってるから「独特の」とか「新しい」と言われるんだけど……単に書いてる人がタダの変態だからなんです。

「昼ドラの重要ポイント」を押さえていたら、意外とコチラの世界にも通ずるものがありました。
もっとも、人によってどれだけそう思うかは違ってきますが。
共通していることはまず「誰かがデザインして、周囲をひきつける作品にしようとすること」かな?
GMがPLの興味をひくために工夫・注意することと、シナリオライターがドラマを面白くするためにしかけることはどこかしら似ています。


設定など、ちょっとありえないくらいがいい。
昼ドラは、相手を選ぶ。
常にテンションを維持する。


一つずつ、見ていきましょう。


「ちょっとありえない」
ほかのドラマでもそうかもしれませんが「近親相姦」「運命の姉妹」「死んだと思った恋人が生きていた」「かつては愛し合ったが今は憎悪の対象」など、そうそう転がっていません。
「非日常的」部分にドキドキすることって、ありませんか?
そうそう、「いつもと違う体験、それは冒険!」って、TRPGの基本!!

……まぁ私は「実は捨て子だった」とか「恋人をとられた」とか「バットで狙われた」「ゴーカンされた」は嫌ですがね……(笑)昼ドラは好きだけど、昼ドラみたいな生き方は勘弁。

テレビに向かって「おい!」ってツッコミが本気で笑いながらできればできるほど案外面白い作品かもしれません。
ドロドロは好きですが、ドロドロだけでは胃壁に穴があきます。
どこかで「ぷっ」と噴出すような成分が、人を昼ドラ中毒にするかどうかを握っているかもしれません。
最近は特撮ヒーローが出てるので見て、そこからはまる人が増えたんですが。

関係ありませんが……自分史などを作って出版社に「私の半生は激動なの!すごーくドラマティックよ!これは売れるわ!」って持ってく人はけっこういるようです。がしかし、その殆どが「世間一般からしたら平凡」だそうですよ。
なんだか、リプレイ作成に通ずるものがあって考えさせられます。


「相手を選ぶ」
昨日の記事に対するwoddさんのコメントにもありましたが、昼ドラは誰でも見て面白いものではありません。
それを言えば全てのテレビ番組がそうなんですけど、まぁ、「オレの好きなコレはきっと皆も気に入るさ!」かどうか、昼ドラさながらの盛り上がったテンションのままセッションにいかず一度は考えてみてもいいんではないでしょうか。

TRPGの話題とか、昨日のセッションでの爆笑した出来事だって、TRPGを知らない人からしたら全然わからないでしょう?どこが笑うポイントか。
それを一般人に言ってドン引きされるってのが「相手を選んでない」ってことなんです。

以前のキャンペーンでGM(結婚前の旦那)が用意したシナリオのフレーバーが昼ドラ。当時は「新・愛の嵐」が話題でした。もっとも、そのままは出してないので、きっと言わなければ昼ドラ風味だったとは気づかれなかったでしょうが。
PLが全員女性だったのですが、「許されない愛」「一途に兄を思うあまり●●になってしまった妹」でその兄の役である私をほっぽらかして周囲が大喜び。
(●●=すいませんまだリプレイ出してない部分なんで)

「兄さん…どうして?」
「私はただ、あの頃のように兄さんと一緒にいたかった、それだけなのに……」
「一緒になれないのなら、いっそ……」
勝手に妹の台詞作る。しゃべる。
(勤め人なので、きっと昼ドラは見てない人だったと思われ。)
GMも「そうそう、そんなカンジ」と止めない。
(止めてくれ。オレを悶絶させるな。)
多分コレ、PL全員男性だったらあそこまでヒットしなかったと思うなぁ。


「最後までテンションを維持」
……これがすごく重要です。
昼ドラはだいたい60話、平気で3カ月近く放映します。
ストーリーが中だるみしたら途中で主婦は見なくなります!
TRPGだと、「起伏が大事」だと思いますが、キャンペーンシナリオにしろ単発にしろ、PLの興味をあおれるかどうかがけっこう重要になってきませんか?
「途中で飽きる」こともあるわけですから。
飽きられそうなのが見えたら、じゃあどうやって興味を引き戻そうか考えますよね。
「GMは準備をある程度しておけば、あとは勝手にPLが……」という論があります。確かにそうですが、かといってそこらへんの努力は丸投げせず、GMもPLが嬉々としてのってくる材料を適度にいつもバラまけるよう用意していく方がいいセッションになると思います。いつでもPLが勝手に楽しくやってくれるさというわけにもいかないでしょうから。
気心が知れていればまだ相手のツボも心得ていられますけどね。

セッション中、皆で脱線して爆笑していると、誰かが「さぁ、脱線は終わりだ!」と引き戻すことがあります。
もしかしたらその人は、脱線に飽きたのかもしれません。
時間管理がどうこうではなく。
単に自分が主役じゃない爆笑を許せないのかもしれませんがね(笑)。

やっぱり、中だるみのなかった昼ドラはヒットしています。
「急転直下のジェットコースター展開」もしくは「ブルドーザで踏み潰す怒涛の展開」をラストまで持っていかないと。

私どもは、録画しておいて夕食時に見るんで、中だるみ時期があってもある程度は見ます。
でも、会社のお昼休みなどに見ている友人はやっぱり中だるみを感知したらしく「なんだかこのごろ面白くないなぁ」と言うことがあります。

来週も視聴者にチャンネルを合わせてもらうために、金曜日のお話はけっこークライマックスシーンが多いんですよ(笑)。予告も時間を多めに取ったり。

TRPGもそうかもしれない。

TRPG中毒なマニアは、多少不便があっても(コンベでキモい人がいたり、会場遠かったり)ゲームしたさに我慢するけど、そうじゃないまだTRPG歴や意欲の浅い人って、「わかんない」とわりとすぐギブアップしますよね。


連れられてきたはいいけど、説明が足りないテーブルに入ったり、わけのわからんネタ(濃いアニメや内輪ネタ)連発されて、自分は全然わかんないのに周囲の人は大爆笑してたり。
で、隣の人が不気味オーラ発してるわ、頼みの友人もなんだかここに来ると雰囲気違うわ。
そうなると、
「なんか向いてないみたい……」
「そ、そんなことないよ!今に面白くなるから!」
「いやー、もういいわ。よくわかんないし」
ってことに。
私もそういう気持ちになったことがあります。それでも、TRPGしたかったから耐えて、今では立派なキモイ人になりました。
(あれ?)

話がずれました。
昼ドラ中毒者は、「今はテンション低いけど、この後高くなるはず」とか思って耐えますが、ビギナーや興味のない人はやっぱり「なんかダラダラした話だな」と思えばすぐチャンネルを変えてしまうんですよね。
かく言う中毒な私も、面白くないなと思ったら見るのをやめます。
逆を言えば、最後まで見た作品ってやっぱりヒットした部類に入ってます。
「私の目は確かなのよ!」ってんでなくて、やっぱり「面白かった」んでしょうね。他の人にも。

今度からちょびっとずつ昼ドラレビューでもしようかな(笑)。
もしかしたら、これを読んだ皆さんが「次のシナリオ、ちょっと愛憎成分入れてみようかな」って思ってくれるかもしれません。
「う、うそぉー!ありえねーよそれ!」
テレビ見て私がそう叫んだ演出を、どこかでPLさんが叫んでくれたら、すごく面白いじゃないですか。



牡丹と薔薇 DVD BOX




牡丹と薔薇 ノベライズ
posted by 管理人 at 09:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 昼ドラ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、とうとう昼ドラ論が出来てしまった。
でっも、扶桑武侠傳と昼ドラ、合うかも。
武侠モノって禁断の愛よく出てくるし。

>TRPG中毒なマニアは、多少不便があってもゲームしたさに我慢するけど
>そうじゃない人って、「わかんない」とすぐギブアップしますよね。

この言葉で自分の異常さを再確認(ぇ
まあ、「TRPGはつまらない」と思われるのは嫌なので、
いつも説明不足にはならないようにしていますけど。
でも、生き残りTRPG好きになる人はやはり一部なのかなぁ。
TV番組を最後まで見るのと同じようなものなんですね。

>昼ドラレビュー
是非やってください。見たいです。
Posted by 海鴎@DD at 2006年03月02日 13:31
海鴎さんこんにちは、お久しぶりです。

>自分の異常さを再確認
いやー。
好きなら多少のガマンってできるじゃないですか。
遠い、とか、横に変なヤツいるけど、とか。
でも、昨日やりはじめた人に同じく遠くの会場に来いとかわけわかんない脱線の連続はキツいよねと。
それでもやりたい(やる価値がある)と思ってくれる人だけが残るのかも。
だから、ビギナーの全てが生き残るわけじゃないから、自分が拾い上げたビギナーが必ずしも残らなくても悲しむ必要はないんだけど、でも自分が至らないせいでってのはナシにできるよう努力すればいいと私は思ってます。
偽善ですかね。

>昼ドラレビュー
やりますやります。

でもその前に「ゲノムシード」シナリオソースが始まりそう……
Posted by 管理人がちゃ at 2006年03月02日 16:35
こんにちはです。リンクありがとうございますー。
愛憎成分大好きです。禁断のきょうだい愛も親娘愛もいいですねー。
でも、本当に「人を選び」ます……うちのメンツは受けつけない人達で、それがちょっと淋しかったりします。
基本的にリミッターかけてますが、キャラメイク時にうっかり煩悩が漏れると愛憎設定てんこ盛りにしてしまって、マスターさんが引き攣ってしまうことも……。

>昼ドラレビュー
おすすめがありましたら、是非!
Posted by 沢渡祥子 at 2006年03月02日 17:33
沢渡さんこんにちは。
コメントありがとうございます!

>うちのメンツは受けつけない人達で

……サークル変えませんか!?(笑)
ちくしょう、ご近所なら絶対誘います!
一緒に愛憎したいです!!

昼ドラレビューもぼちぼちやっていきますので、よろしければまたいらして下さいませ!
Posted by 管理人がちゃ at 2006年03月02日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14019918

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。