移転しました。
リプレイ通販:無料配布は5/31申込分をもって終了しました。
「天翔けるゴブリン!?」は一冊¥100です。
内容などについてはこちらを。メールフォームから問い合わせ下さい。
コミックマーケット70スペース確保。金曜です。

2006年03月19日

ためにならない解説「冬の輪舞」2

熱を出して寝込んでおりました。
こんな時こそ完全休業、とか思いつつも可能な限り動こうとする自分にスタンディングオベーション!

「冬の輪舞」の続きです。
幼いころに取り替えられたという衝撃(笑撃)の事実を知った主人公たちがどうなるのか、何をどうしたらこうなってしまうのか、昼ドラに興味のある方だけどうぞ。







関係ない話ですが。
マンガなどにおける、老人と子供の描き分けについて。
顔にしわを描くとか、子供は顔の中心にパーツが集まっているのでそこらへんのバランスを変えるとか、いろいろあるんですが。
(それができてない作家―特に少女マンガ作家―の描く老人・中年は気持ち悪いんですな。)

昼ドラで年齢を表すのは、「髪型」が基本です。

シワを描くわけにはいきませんからね。
「髪型」「服装」が全てです。

だから…まだ若い俳優さんが、白髪にしたりしてトシがいったふうに演出することはままあります。
生え際に少しメッシュを入れて和服を着るだけでもけっこう年上には見えますからね。

rinbu14.jpgrinbu15.jpg
劇的(でもない)ビフォア・アフター。

この、矢印の向きはいいんですよ。
ごくたまに、この矢印の向きが変わることがあります。
この前の「愛のソレア」レビューで、20代後半・子持ちの俳優が詰襟を着て登場したのには笑った方もいらっしゃったみたいですが、まだ甘いです。

あからさまに中年の域にさしかかった俳優さんたちが、回想シーンで若作りをすることがあります。

中年とはいえ、我々と違っていつも人に注目される仕事だから実年齢よりも若々しいのでしょうが、もう口元にシワも見える年ごろの方がいきなり大学生くらいの設定で出てこられると、ツッコむ元気も失せます。
(「永遠の君へ」。どうしてこのシーンの写真がないのだ!)

さて、やっと出生の秘密がわかりました、しのぶ千鶴子

でもしのぶは出ていきました。
千鶴子に遠慮して。
長年愛してくれていた・愛していた母が他人だったということに気持ちの整理がつかなかったのもあると思うのですが……

突然7年が経過。
(2年とか5年とか、それくらい一瞬だから!)
「死亡」マーク、これからもどんどん増えていきますからね!

rinbu12.gif


しのぶ、仮面ライダーナイトのことは忘れて、営業マンと結婚しています。
いったん仙台の方へ行って、そこで働きながら医師の資格を取ったようです。そこで旦那を見つけたのですが…

この営業マン、千鶴子と不倫しています。

rinbu13.jpg

いつものことながら狭い世界だ!
というか、そんな奪い合うようなイケメンかとも思うのですが、まぁ私は世の女性たちと美的感覚がズレているので多くは言いますまい。
(言ってるじゃんというツッコミは却下。)

旦那が、医療器具関連の営業だというのも、しのぶが医師になったのも、全ては、病院関係者であるナイトや父の病院の事務になった(更正して)千鶴子と「偶然」出会うため。
旅行会社とスーパーのレジのパートの夫婦ではちょっと偶然もキツいですから。

ニューヨークで医師として働いてたナイト「偶然」しのぶと同じ病院の同じ科に配属。
しのぶの勤めている病院に用事で行った千鶴子、しのぶに「偶然」バッタリ。

ほら、もう、前と同じメンツ。

しのぶの旦那とナイト、何だか気が合うようです。
そりゃ、女の好みは同じですからのぅ。

なんとか元のサヤに収まったしのぶと千鶴子。基本は憎悪と裏返しの愛情です。だからすぐ仲良しです。
千鶴子、「私、許されない恋をしているの……」と酒を飲みながら相談します。
何も知らないしのぶ、自宅に千鶴子を呼びます。
そりゃ、大事な友人が落ち込んでたら「今日はうちで飲もう!」となりますよね。

旦那と千鶴子、ハチアワセ。

ちなみに、こういう効果音が「ジャジャーン!」なシーンは、たいてい金曜日のラストに持っていきます。
来週どうなるの?って見たくなるでしょ?

千鶴子は何とか平静を装ってごめん用事思い出したわーと帰るのですが(見るからに不自然ですが、何も知らないしのぶには想像もつきません)、その後やっぱり、シンポジウムに参加すべく行ったホテルで「偶然」不倫の現場を目撃。
旦那……妻のスケジュールくらい把握して不倫しようよ……


昼ドラの法則。
夫を誰かに奪われそうになった時に、妻に起こる現象があります。


想像妊娠です。
まあホントウに妊娠してることもありますが。

妻、勝ち誇った気分です。
で、絶対やるのが、「何も知らないふりをして、相手に対して笑顔で妊娠の報告」です。「ほぉら、アタシたち、こんなに仲良し夫婦なのよ?」と。
女って怖いですねぇ(他人ごとのように鼻くそほじりながら)。

でも想像妊娠。
いずれ起こる悲しい出来事は、皆さん簡単に想像がつくでしょう。

で、千鶴子はふっきるようにお見合い→結婚を決めるのですが……

自分も妊娠していることが発覚。

ここらへん、完全に旦那がどうしようもない男ではないかなと思うのですが、ほら、昼ドラは笑って見るのが鉄則だからね。

さて、婚約解消した千鶴子と、千鶴子が妊娠したのを知ったしのぶ&旦那。
千鶴子は一人でも生む決意。
家を出ます。

路上で相対する、旦那と千鶴子。

今までの路線から、ハイ出題。

何のために路上でモメるのでしょうか?


車にひかれるためです。


半狂乱になった千鶴子が道に飛び出て、そこへ車が来ますが、旦那がかばってひかれてお亡くなりに。
しのぶの病院に搬送されます。
しのぶ、旦那を救おうと頑張りますが、笑顔で息を引き取る旦那。
これまたすさまじいマゾ。
というか、自分のやらかしたこと、全部丸投げして死亡。

「どうして?」なんていちいちつっこんでたら、昼ドラはラストまで見られません。
(TRPGでは多少必要かもしれませんが)
これが金曜日にかからずに放映されたということは、この死はたいしたことではなかったんでないかね?ということにして、さぁ、生きている人は次へ!

結果的に旦那を殺されたしのぶ、なのに千鶴子にその子供を生んでとお願いします。
旦那の子供だから、旦那に会いたいからと。

最初に申しました。
主人公に必要なのは惜しみない愛と自己犠牲。

ここで「お前だけがなんであの人の子供を生むんじゃー」とネックハンギングツリーにもっていくような女では主人公にはなれないのです。
ヒロインになりたい人は研究しておきましょう。
相手がそれで弱ったところにスパインボムでとどめをさす女はヒロインになれません。

生む決心をした千鶴子、そこでいきなり出産後シーン。
(いいかげんこのスピード感覚にも慣れましょう!)
七夕うまれの女の子、百合の誕生です。
しのぶも大喜び。

ところで、もうお忘れの方もいらっしゃるかと。
最初に、ろくでなしオヤジのせいでしのぶはやけどを負いました。
(足に)
ところが、ひょんなことからしのぶと千鶴子がもみあって、百合はほぼ同じ場所に熱湯をかけられてしまいます。

単なる過失も、昼ドラでは「運命」となります!
自分たちが囚われた「運命」に恐れをいだく二人。
しのぶ、ヤケクソで泥酔します。

ここで、さらにお忘れになられた可能性大の人物―ホースオルフェノク登場。
今こそ憧れのしのぶさんにアターック!
とばかりに変身。
時速360kmの驚異的な脚力を見せつける時が来ました。

ここで、彼はマザコンッ子だったという伏線が生かされます。
母親が変に気を使ったため、「取替え」の事実を知らされてなかったウマフェノクは、長年慕っていたしのぶが腹違いの姉弟であると第42話めにして知ります。遅ッ!

「う……ウソだろ……う、うわぁぁッ!」
と、パニクっておんもに飛び出るウマフェノク

はい、また出題。


どうして外に出るの?


何かしら事件を起こすためです。


外で、誰かと肩がぶつかっちゃったウマフェノク
そこから喧嘩になったそうです。
誰と?

rinbu16.jpg

オヤジと。

「偶然」、放浪してたしのぶの父(本当は千鶴子の実の父ね!)とばったり会って喧嘩になり、殴って殴って殴って殴って病院に担ぎ込ませたわけです。
偶然もここまで来ればたいしたもんです。

最初はオヤジも、慰謝料をゆする気マンマンだったのですが、しのぶや千鶴子に再会できて改心します。

で、出題。


どうして今このオヤジが復活したの?


騒動を起こすためです。


皆でしめしあわせ、知られたくないことをボカしてオヤジを受け入れます。
オヤジも百合=初孫を可愛がりつつ、千鶴子と親子らしいふれあいタイム。

でも……

rinbu17.jpg

「なんで千鶴子の旦那もしのぶの旦那も死んでんの?」

いくら何でも気づきます。
(ここで、オヤジの頭のネットとエプロンが可愛いと思った人、挙手。)

しのぶ、簡単に事実をゲロします。
もっと綿密に口裏を合わせておくべきでしたね!

「実は千鶴子、アタシの旦那を寝取ったのよねー。あの百合もその時できた子なのよ。」
(※本当はそんな言い方はしていません)


オヤジ、激怒。
「人に顔向けできねぇことしやがって!」

子供をすりかえるのはいいのか。
そんな全国の主婦のツッコミを足蹴にオヤジ、千鶴子に折檻開始。
そして千鶴子もヒロインではありませんので、反撃します。
「あんたにそんなこと言われたくないわよ!」


包丁でオヤジを刺殺。
(絶対そこらへんに凶器がセッティングされています。)

「牡丹と薔薇」では、出刃包丁片手に娘を守ろうとしたオヤジ。
「冬の輪舞」では、実の娘に包丁で報復されます。
運命の糸は、かくも複雑にからみあうものでしょうか。


つづく。



もうやめとけよ!!

だって……みどころ(つっこみどころ)全部レビューしようとしたら長くなるんだもん……

今日のポイント。
偶然を最大限利用しろ。


「ここで●●になるのはちょっとムシがよすぎるかな?」ってお悩みのGMさん。
ストーリーが盛り上がるためには、偶然の要素は活かしましょう!

posted by 管理人 at 10:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 昼ドラ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お、お腹が痛い・・・。はっ、これって妊娠?(バカ、俺は男だ)

まだ続くの?腹筋が鍛えられて、六つに割れちゃうじゃないか。

昼ドラ、侮りがたし。わたしが「レ、レ、レ」でやったギャグを、凌駕している!

次も楽しみにしてます!
Posted by 宗方ただし at 2006年03月20日 12:41
宗方さんこんにちは。
妊娠したら、誇らしげに婦人科に行って下さいね。
で、医者に「君は子供の生めない体だよ。」と諭されて下さい。

>レレレ
確か映画を作るというシステムですよね。
いろんなTRPGがありますね。

コメントありがとうございました!
Posted by 管理人がちゃ at 2006年03月21日 11:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。