移転しました。
リプレイ通販:無料配布は5/31申込分をもって終了しました。
「天翔けるゴブリン!?」は一冊¥100です。
内容などについてはこちらを。メールフォームから問い合わせ下さい。
コミックマーケット70スペース確保。金曜です。

2006年05月07日

お待たせしました「偽りの花園」第11〜15話の適当な感想とあらすじ

なんかもう最近「偽りの花園」って検索ワードが多すぎてちょっと記事書くのためらってました。
アンプラグドなゲームと、特撮イケメンヒーローが出る東海昼ドラでは世界が違いすぎます。

おさらいはこちら。
TRPG的「偽りの花園」第2〜10話あらすじと感想

うーんと。
この三週間をひとことで間違えた感想を述べよと言われたら。

ザンキさんがハゲしく中二病で妹萌え

以上。
てなカンジで、昼ドラ&特撮好きで、「ヒビキ」に関して冗談が通じる(冗談で流せる)方だけどうぞ。







itu_cast2.jpg

ちょっと相関図に変化。
さっそく白黒写真(=故人)が出ました。

トドロキ、シボンヌ。
ミワコ、行方不明。

ま、ミワコはのちに出てくるでしょう。
TRPG関連の方にわかりやすく説明すると、火竜山の火口に消えたアシュラム状態です。

ミネコミワコを憎み、以前変態絵師の描いてくれたミワコの絵にナイフを突き立てます。

ってところでミワコの実母=今浜の女将さんがミネコにうちに養女に来ないかと誘います。
何しろ田舎です。
婚約者が結婚式当日に他の女と心中なんて、かっこうのネタです。
噂を逃れ、環境を変えて気持ちを新たに人生踏み出さないかねと。
ミネコは今浜の養女になりました。

そんなにミネコに優しい女将だけど、あんたミネコにあてがった部屋は以前女中が首くくった部屋ってどうよ。
ミネコの母も、さっきグサグサにした絵を持たせるのもどうよ。
(そりゃーあまり家にも置いときたくない絵だがね…)

自分がいない間にいなくなられたってことで、ミネコの兄=カリヤ隊員(武夫ですが!)は「こんなことならオレがミネコをもらってやるのに!」となりますが、まぁここらへんはスルーさせてもらいます

一年後、とうとうミネコは出会います。

トドロキのお師匠さんと。
ituwari4.jpg
あざとすぎるよ東海テレビ!

ザンキさんは赤(共産主義者)。
特高刑事に追われているところでした。


ん?


特高?


聞き覚えアリ。
今浜の女将の今の旦那がそういえば特高刑事。
あぁ、こりゃ伏線というか何というか。

ザンキさんは、早瀬川伯爵のご令息なのに、赤の運動に夢中です。
で、伯爵は怒っています。
そりゃ、息子がそんなことしてたら家が傾きますから当然です。
でもザンキさんのおかあたまは一人息子に甘いです。


あれ?


早瀬川?


ミワコのパピィやんけ。
ザンキさん、歩く伏線になっています。
(もっともおんもでは「橋川」と名乗ってるので、ミネコも橋川だと思ってます)
ミネコザンキさんは何か惹かれあうものがあったらしくすぐに恋人に。
天国のトドロキさんが寂しそうです。

特高刑事、ザンキさんに赤の運動をやめなさいと言いますがザンキさん聞く耳持たず。
とうとうザンキさん逮捕です。
尊敬する作家の先生と一緒に連行されていきます。
どうして変身しないのですか!
(ま、伯爵の口ぞえですぐにザンキさんは釈放されます。作家の先生は拷問の末にお亡くなりになりましたが。)

その頃ミネコの周囲にも少し変化が。

(伏線)実娘のミワコが心中=行方不明だなんて知らない早瀬川伯爵、今浜で働くミネコを見て「ワシの娘はこんなにキレイに成長して嬉しいのう」と盛大に勘違いをします。

今浜の女将ミネコに婿養子をとって今浜を継がせようと、これまた気色悪いどこぞの商人のお坊ちゃんをあてがいます。
ミネコ、さぶいぼ。こんなキモい男と、結婚だぁ!?
……とキレてザンキさんに会いに行って、そこで合体
天国のトドロキさんが(ry

ピロウトーク中、ザンキさんがミネコに自分のしていたペンダントをプレゼント。
中には青酸カリが入っているので自決に使えと。

帰ってきたら今浜では大騒ぎ。
早瀬川伯爵が、言うこと聞かない上に赤の運動なんかしているザンキさんを廃嫡して、昔愛人だった女将との間にできた娘=ミワコを跡取りにするんじゃーと言ってきたのです。

ミワコねー、先週死んだっぽいんですよ。

なんて言えません。

幸い伯爵、ミネコミワコだと思ってます。
執事が、お嬢様の養育費や結婚支度金などは豊富に提供しますと商談。
女将、ミネコの意思など関係なくハイハイと二つ返事。

「ちうわけでアンタ、来週月曜からは華族編、スタートね」
「えぇぇぇっ!?」

てなところで次週へ。
ザンキさんがずいぶん青いことばかり言ってますが、これはドラマ内でしかもイケメンの台詞なので許されることです。
現実でそこらへんの人が言っても無視されますんでご注意を。

現在25話まで放映されています。
面白いです。
ギャグ満載ツッコミ炸裂で皆さんもどうぞご覧下さい。
posted by 管理人 at 10:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 昼ドラ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が連休中に見た所は、ミネコが子ども抱いて立派な屋敷にご帰還したところです。
「嘘に嘘がなんちゃらほんにゃか」と言うナレーションで、次回に続くになってました。

・・・誰の子なんだ、この赤ちゃん?
Posted by 宗方ただし at 2006年05月08日 12:55
>・・・誰の子なんだ、この赤ちゃん?
惜しい!実に惜しい!その直前の「笑う犬」を凌ぐコント演出に果敢に挑戦したミネちゃんを見逃されたとはっ!
あれはですねぇ、ミネコが兄妹だと偽っている中二病のアキヒコさんの実のお姉さんと、廃嫡された長男の替わりに認知された隠し子として家に入ったミネコの結婚相手との間にできた不倫の子でして、その後きっと出生の秘密を知って、グレてどうしようもなくなったところで、ボードという組織にうわなにをくぁwせdrftgyらいだl
・・・・・途中から嘘です。

そんなオレはペーペルから目を離せません。
Posted by ちくわ at 2006年05月09日 18:57
あう、ちくちゃんが答えてくれたー。
うんうん、あのコントは一世一代のナイス演技だったよねミネコ。で、あまりのDQNな早瀬川一家を見て「さすがミワコの血縁だ」と納得。

半分近くまで来たけど中ダルミがなくていいカンジで推移しておりますね「イツハナ」。
あらすじ編集も頑張らねば(一日に21件も検索で来られた日には怖くなる……!)。
Posted by 管理人がちゃ at 2006年05月09日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17485472

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。