移転しました。
リプレイ通販:無料配布は5/31申込分をもって終了しました。
「天翔けるゴブリン!?」は一冊¥100です。
内容などについてはこちらを。メールフォームから問い合わせ下さい。
コミックマーケット70スペース確保。金曜です。

2005年05月11日

悪玉菌オタク図鑑

先日の記事、腸内改善計画と銘打った悪玉菌オタクについて。
身内、特に苦しんだことのある人からもまぁ支持はもらえたのでヨシ。
肝心の悪玉菌オタクからはブーイングが来るかと思いましたが、
ホンモノの悪玉菌は自分のことだなんて思ってませんから。

ここに、悪玉菌オタクの特徴を羅列します。
これだけは間違えないで頂きたいのは、一個抵触したからといってイコールその人が悪玉菌オタクというわけではないことです。下に述べたことをやったことがある人がいても、その人が悪玉菌オタクと断定するのは早いです。また、普通の人でもこれらの特徴を持っていることが多々あります。
ただ、悪玉菌オタクの下に挙げる特徴を総括する大きな特徴として、
匙加減・引き際を知らない
というのがあります。
要するに、やりすぎる・引き際をわからずに暴走するから悪玉菌オタクなのです。

最初にお断りします。
過去に私とセッションをしたことのある人は、「あぁ、あの時のことかな?」とお思いになる方もいらっしゃると思います。
悪玉菌オタクの記憶は強烈ですから。
これを読むことで、嫌な記憶を掘り起こすことになるかもしれません。また、解釈が私と違うことで違和感を覚えるかもしれません。
それをふまえて、ここからお進みになる場合はノークレームでお願い致します。

さて、今日も自己責任で読んで頂けますかな?

【暴言度★★★☆☆】


レベル1 アイ・ラブ・ミー! ユー・ラブ・ミー!

悪玉菌オタクは、自分が大好きです。
別に、ナルシストならどこの世界にもいます。知ってる年上の人にも、わりと自分語りが好きな人もいます。サイトを運営している人にも、たいていは何らかの自己表現の願望があると思います。私も潜在Mなのでイタい日記をよく曝しています。
だから、加減の問題なのです
皆で昨日のセッションおもしろかったよねぇと話していても、「オレは」「あそこでオレが」「オレの」「オレが」……悪玉菌にとっては全てが自分の話の呼び水です。このタイプの悪玉菌が、「そういえばキミはどうなの?」と言ってるのを聞いたことがあるでしょうか。
いうなれば喝采願望の塊ですが、本当に喝采される、パーティに益のある行動を取れないので永遠に賛辞を求めます。
壁に向かって自分を褒めてろ
後述のGMの項でもこのタイプについてまた述べます。

レベル2 バーサーカー&ラブハンター

とりあえず茂みが動いたら攻撃。
皆で奇襲の相談をしてるのに1人奇声を上げてバンザイ突撃。
出てきた異性にはセッションの流れをせきとめてでもナンパ。

もしあなたたちが本当に冒険者で命のやりとりをしているなら、こんなのを仲間にしますか?
無為無策のだんまりPLも嫌ですが、コレはコレでパーティを壊滅・うんざりさせます。どんなに戦術家がいたとて、こんなもんを隊内に抱えては戦えないとしか判断できません。自分の命を1ガメルより安いと思うのは自由ですが、こっちはそうじゃないのですから。
また、ナンパに執念燃やしたとて異性経験がないからナンパまでしか演出できないのです。
1人で冒険に出たら?5秒で死ぬと思うけど。

レベル3 クレクレタコラ

その1に派生して、何でも欲しがります。
web上でも、キリ番踏んだから何かくれくれとかやたら言う人はいるでしょう。
GM経験者ならおわかり頂ける感覚かと思いますが、GMがマジックアイテムなどを報酬に出す場合。これはアイツかアイツ用かなとだいたい検討をつけることがあります。
その昔、まだSWが旧版ルールだった頃。とあるGMが「能力値上昇の秘薬」を出しました。それを飲むと、能力値…そこでは、知力が1点上がるのです。
大半の人間は、あるPCにそれを渡すべきだと思いました。そのPCの知力は17。18になれば+3となって魔法を使用するのに大変有利です。ハーフエルフであるため経験点で上げていくのも困難。すごくいいものだと。
そこで、悪玉菌オタクが突然わめきだしました。それが欲しいと。
もう自分用に(GMがそのPC向けに出したものを含め)いろいろともらった後にです。知力も上げたいとのことですが、そのPCの知力は19。20にして意味はありません(パーティ内にそれ以上高い知力のPCがいるので行動宣言が有利になるわけでもなく)。
悪玉菌の視野はきわめて狭く、自分のことしか見えていません。
子供なのです。マンチキンにもなれやしません。マンチキンはデータ至上主義だけど肝心のデータがわかってないんですから。

レベル4 スピーキングデストロイヤー

ひたすらしゃべる悪玉菌オタク。
私も無駄口叩くので大きなことは言えませんが、たくさん喋って喋って、人の見せ場まで全部奪ったモノが勝ちだと勘違いしている悪玉菌がいます。声は小さいけどいいことを言うPL、リプレイのためにテープを回している人、全ての人の努力を踏みにじって今日も爆走します。
TRPGは演劇チックではありますが、演劇ではありません。されど、ある程度の役割分担はあってしかるべきです。
ファリス神殿に行く時はファリスのプリーストが代表して話をするべきですし、だいたいのリーダー格が決まってくれば、それこそクリスタニアのように交渉担当や承認担当、補佐役といったポジションにつくPCもいます。ポジションがなくとも疑問に思ったことは発言していいでしょう。
しかし、ファリス神殿で仲間のファリスのプリーストを押しのけて上につなぎを求めても誰も応じません。アンタにゃコネはないよと(実際そうやって悪玉菌を制止したGMがいました)。酒場のオヤジがリーダーに話を持ちかけても、横から出てきて頭の悪い質問や交渉を行って、どうしてパーティがきちんと契約を結べて、利益を得られるでしょうか。
また、加減を知らないのは、声に関してもです。以前ある悪玉菌オタクがいまして。男性なのですが異常に声が黄色いのです。もちろん身体的特徴をどうこう言う権利は私にはありません。
しかし。
セッションの間じゅうずっと大声(彼にとっては普通の音量)で、私の横でわめき散らしておりました。気分が高揚していたのでしょうね。GMや周囲が注意しても、数分後にはまた大音量の高音。
……翌日、耳鳴りがするので病院に行きました……
自分も、昔音楽の先生に「習ったわけでもないのにあなた、腹式呼吸なのねぇ。」と言われる、声のデカい人間です。気をつけます。というか頭使う場面になったら自然と動きが止まると専らの評判で(ぉ

レベル5 デッドコピーメイカー&リピーター

一回やってたまたま、ちょっとウケたギャグ。
人がセッション中にやったギャグ。
はたまた、テレビで流行ってるギャグ。
さも自分が考えたかのように披露し、いつまでも得意げに持ちネタとします。
要は自分では何も生み出す力がないからなのですが、とりわけいやなのは、そのネタが来るタイミングが周りにもわかっちゃうこと。あぁ、来るよ来るよと思ったら本当に言うの。流れをせきとめてでも。
そばにもしそのネタを考えた本家本元がいたら切ないです。ネタが腐らされちゃったんだねと周りも同情。せっかくの思い出を、その人以外皆で封印。6レベルタレント、お願いします。
悲しいです。繰り返すことによる新鮮さのダウンはもとより、おもしろさ200%ダウン。品種改良ならぬ改悪されてるんですから…
酒でいうと、アレだね。
米も水も空気もいいのに、杜氏さんがスットコドッコイだったんだねと諦めることにしています。
また、そういうオリジナリティのない人間が作るPCは、一見強烈な個性を持っているように見えてどのPCも同じです。技能、口癖、能力値などやることなすこと前のPCとどこが違うのか教えて欲しいくらいです。よく見たら名前まで似通っています。
こんな劣悪なクローンは不要です。

レベル6 スリーパー

セッション中に寝る、基本の中の基本ができてない悪玉菌オタク。これだけでじゅうぶん叩き出す口実にもなります。
しかも、寝るだけならまだしも。
寝てないと言い張ったり、起きてたフリをして会話に参加しますが全然支離滅裂(当たり前っちゃ当たり前)。
永遠に眠ってろ

レベル7 セレクター

自称ベテランのみならず、普通にTRPGをやってる人にも長くそのシステムをやっていれば出てくるものがあります。
こだわり
それは職業だったり、武器だったり防具だったり。
でもここで、あからさまに怪しいこだわりを持つ人は悪玉菌オタクの可能性が濃いです。
これはオマケ程度の特徴です。こだわりや好みは誰でもありますから。ただ押し付けなければいいだけの話です。美学は大切な要素の一つでもありますよ。
システムや世界観を知れば知るほど、しばられることもあります。何が有利かとか不自然かとか、知り尽くした場合もあるでしょうし。そこで初心者は強いです。こだわりがないほど、総合力の安定した強いPCが作れます。たとえばデータ上最も優れているのはメイス。でも、オレは●●が好きなんだーと思えばそれを持つでしょう。たとえデータ上メイスより不利でも。
ま、そこで女性シャーマンを選んだ人に「使えねぇ」と吐き捨てるヤツは殴って結構
こんなヤツ、単に精霊魔法の使い方を知らない自称ベテランですから。
そういえば、とある蹴り出された人は(もちろんこのこだわりが原因ではありませんが)、シーフにマトックが最強だとことあるごとに布教してましたなぁ…(遠い目)。あと、敏捷度至上主義。敏捷度が全て。それでSWを改悪した、敏捷度至上主義なオリジナル糞システムを作って、結果サークルでの自分の寿命をいくらか縮めたそうです。おぉ、次のネタに続きます。偉いぞ悪玉菌オタク。

レベル8 アレンジャー

ルールをわかってない人に限ってルールやシステムを変えるのが好きです。
ハウスルールについてはいろんなサイトで取りざたされていますが。私たちの集まりでも、クリスタニアのタレントをSWに移植したりしています。SWアドベンチャーに出ていた名前だけの呪歌や魔法などをデータ化して使用しています。
むろんそれは、基本のルールを理解し、バランスを研究した人がやっています。
もちろん、ハウスルールはそれが好きな人どうしでだけやるなら、いくらやってもかまわないのでしょうが。
基本のルールがわかってからにしやがれ
そう、去年会った糞GMにココナッツクラッシュかましに行きたいもんです。縁切っちゃったヨ。
ルールを滅茶苦茶にしちゃった人は、他人と遊ぶ時もそのルールで行きます。人の卓に行く時もそのルールです。
だって、壊しすぎて元がどんなものだか覚えていないんですから。
そんな、壊しすぎた人が「自分で考えたんだ!」と公開した、SWの改悪世界…
通称オレクラストの多く、何と悲惨なことか。
つか、簡単なことです。
ヤバい人間の作ったものが、マトモなわけないんです
悲惨はともかくね。いやね。
どうして、オレクラストには必ず日本みたいな国があってニンジャやサムライが跋扈してて、クリティカル値が低いのよ!?
もしSWを改築して魅力的なシステムを作れる人がいたとしても。
そういう人はSWというシステムに固執せず、オリジナルのシステム開発ができる&すでにしているでしょう。魅力的な世界を構築できるというのはそういうことです。
SWにはSWに合った世界設定があり、システムと世界はセットなんです。SNEこそ至上とは思いませんが、そこは守っていきたいです。

ラストダンジョン 自慰M(GM)

最初に書いた、見立てどおりにサークルに恐慌をもたらしたとある悪玉菌オタク。
回り持ちGMでキャンペーンをやった際、GMの時は自分のPCにだけマジックアイテムを渡したりしたという人です。
ま、コレをやったら即ボコにして叩き出すくらいしても大丈夫でしょう(断言)。周りのPLや本人以外のGM担当者にとってはたまったもんじゃないですから。何のためにセッションをやってるんだかわかりません。
まぁそれも、微妙に年やキャリアが上だったりするとボコにするのがためらわれるのは日本人の欠点であり美徳。年下だからって3秒で叩き出していいってわけではありませんがね。TRPGにキャリアは関係ないもんですから、頭ではわかってますよ……
キャンペーンのGMを全員ないしはサークル内の何人かで回り持ちにするというのは、すごくいいアイディアです。1人がずっと担当していると、ネタがつきてきたり準備が大変だったりします。その点GMを数人が担当すればいろんなシナリオをPLは楽しめますし、負担も減ります。
ただし、この回り持ちの中に悪玉菌オタクがいると他のGMが非常に大変です。
全員が一回GMをする=一周するたびに、キャンペーンがおかしくなっていくのです。他のGMが必死でおかしくなった流れを立て直して立て直して立て直して立て直して、それでもまた悪玉菌GMを経るとまたおかしくなっているのですから。他のGMがいい形で出した伏線は、彼の英断によって腐敗しています。出したNPCもイイカンジで人格を破壊されています。
また、自慰Mの考えることというのは他人にとっては丸見えです。たとえ思考回路が理解できなくても。
基本的に自分のキャラクターLOVEですから。
ここで、自分がGMをする時というのは、自分のPCはNPCになります。一番ベストなのは、誰かシステムに慣れている人などに委ねてあとは任せることです。
これができないのが、悪玉菌オタクなのです。
別の回り持ちGMの話。
異常に自分の女性PCに思い入れがあります。微に入り細に入りトホホな設定(んー、まぁ、作るだけ自由ですな。)を作って、自分でその設定にふさわしくないと考えれば仲間のPCに話をふられたとてオール無視
キミは何をしに来ているのかね。
このGMが、キャンペーンの大元締めだったというから恐怖を通り越して不思議。
自分のPCを、仲間うちのある男性PCとくっつけたがっているのが火を見るより明らかだったので、皆は最後の審判の日を戦々恐々と待ちました。
普通キャンペーンのラストってドキドキワクワク、万感の思いで迎えるもんでしょう。
違う意味でドキドキなのです。
「きっと………するよね」「いや、………もするぞ」「それどころか、アレも………になるな」
全部当たってた。
その、男性PCと自分の女性PCをくっつけるために用意した、シナリオの1パート、約ウン時間。
男性PCのPLも嫌そうなので、助け舟(まぁチャチャですな)を入れても、GM、完全無視。
ヤツは本気です。
私はその時、生理痛をネタに休憩室に避難。
先輩2人、喫煙をネタに避難。
さらに2人、トイレをネタに避難。
ある意味ロクでもないPLとは私たちのことかもしれません
(だって、いてもいないことにされるならテーブルについてなくたって一緒じゃない?)
数十分後「そろそろ終わったかね?」「くっついたかね?」と、ぞろぞろ戻ると。
GMと件のPL(イケニエ)と、鉄の良心を持つ先輩だけが部屋におりました。
ただし先輩は舟をこいでましたがね。
GM、誰もいないことを何とも思っていません!
その先輩がセッション中に寝るなんて天地がひっくり返ってもありえないのに、意に介してません!!
熱烈に、恋する女性PCを演じています!(注・男性です)ある意味見とくべきだったかぁ!!
本気と書いてマジと読ませる気です!!
ちなみに、男性PCのPLは必死の逃亡により、貞操を守りきったそうです(笑)。

また、回り持ちでもなく自分のキャラLOVEでもないですけど、私が去年会った悪玉菌オタクの中では超10レベル相当と思える女性GM。超悪玉菌ポイントを無意識に使うことによりプレイヤーに殺意を芽生えさせる技能の持ち主です!!
人数が少ないからと自分でも1人PCを作成。これがどうもNPCとは扱いが違うようです。
これまたロクでもない依頼(共和国なのにお姫様がいて、それを1レベルの我々に護衛しろというアクロバティックかつゴートゥーヘルな依頼)が来たので、スルーかウラをしっかり取ろうとした矢先に。
自分で作ったPCを使って依頼を受けやがりました
もぉコロース!!……GMごとな。

右手で壊しておいて左手で立て直す、悪徳建設業界や殺人医師もびっくりのこのGMと、上で列挙したGMたちとで一同に会してセッションをやったらどうなるのでしょう。そこに隕石でも落ちてこないかな

大変長くなりましたが、意外と悪玉菌オタクでかつGMもやっている人というのは少なくありません。
でもって、こういう人はいなくなった後も語り継がれ、伝説となります。不死の存在です。
そういう悪玉菌と遭遇、卓を囲むのが避けられなくなったら…セッションのたびに苦痛を味わうのがあなた1人ではないなら…どうしますか?
posted by 管理人 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[trpg]悪玉菌TRPGプレイヤ(GM)
Excerpt: 悪玉菌オタク図鑑を読む。で、大いに苦笑する。どうも腸内改善計画(イヤン度最強)から続いている話題らしい((ちなみに「TRPGユーザ⇒オタク」という単純化の上で書かれてます。これはこれでアリですな))。..
Weblog: うすくちゲーマのTRPGラクガキ帖
Tracked: 2005-05-21 15:10

悪玉菌改善計画
Excerpt: *今回の日記はベルスポTODAY-tabloidさんの 『悪玉菌オタク図鑑』を読んでからだと、 より理解が深まるかもしれません。 あくまで気のせいな可能性がありますけど。 前回のネタ切れで..
Weblog: アンナの日記
Tracked: 2005-06-16 17:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。