移転しました。
リプレイ通販:無料配布は5/31申込分をもって終了しました。
「天翔けるゴブリン!?」は一冊¥100です。
内容などについてはこちらを。メールフォームから問い合わせ下さい。
コミックマーケット70スペース確保。金曜です。

2005年09月25日

バーチャル初心者プレイ

ここ、27日(火)の深夜から明け方までメンテだそうです。
早く何とかしてくれー。

今度は、「サイコロ型のビーズをいっしょうけんめい針と糸を使って布に縫いつけている夢」を見てあまり寝覚めがよくありませんでした。

今までに何度か触れた話題ですが、最近の出来事からもう一回。
タイトルからわかるように「初心者と遊ぶ」ことで思ったことを一つ。
あくまで私の感じたことです。それでもよければ。







「良い初心者はサークルの宝である」
をモットーに日々遊んでおります管理人です、改めてこんにちは。
「初心者」でも「新顔」でもかまいません。
新しい力がいい方向に働けばきっといいモノができます。

相性もあるから、いいPL同士でも微妙に終わっちゃうことはあるけれど。
きっとフツーの遊び……カラオケやボーリングしか知らないけど、そういう集まりでしたら全然オッケーなんですよ。

だって、TRPGは濃密な世界だから。
http://d.hatena.ne.jp/ayatusen/20050914/p2

この意見に禿げ上がるほど賛成。
濃密だから、うまくいってる時は最高だけど、一つ狂ったらあとはもう……ってなこともありえますしね。どこかで冷静に見つめて、細かい修正をかけていかなきゃ。

最近知り合った方とメールしていて、この「新入りである」体験をなさった時のことをお聞きしました。ようするに、自分が熟知してないシステムのテーブルに入った時。

たまに、質問したらものすごい迷惑そうにする人もいたりする

……案外いるんですね。
自分のテーブルに照らし合わせるなら、「そんな奴は刺せ」と言いますけど、冷静に考えればいろんなケースがありますわね。もしこの方が入ったテーブルが「初心者お断り」だったらとか。それで知らずに入って説明ナシだったのかとかどうしても入りたいってダダこねたのかとか。

後からそういう話をする&聞くならば、「そんな奴はさ、きっと異性にモテない足の臭い奴だから、ほっとけほっとけ」ってことで笑い飛ばせます。
(「足」を「口」にしても結構。)

でも、現在進行形でそういうテーブルにいる場合は笑えません。楽しめません。身の置き所がありません。

初心忘れるべからず。
誰だって最初はオタオタしてたハズだ!
最初から華麗に行動宣言なんかする人はいるのかっ!?

(カンケイないですけど。たいていはテーブルと言わず「卓」って言います。でも私はテーブルって言うのが好きです。マージャン臭いってのもあるけど、「宅」って誤変換しそう&そういう誤変換よく目にするから・笑)

数ヶ月前から、新顔(でもTRPGではベテラン)さんの加入により、数年ぶりに私もSW以外のシステムをやる機会がありまして。
何度かここでも書いてる、ワースブレイドのキャンペーンです。
ここで私は、「初心者の気持ち」を再認識できました。
というと大げさですけど。

全然違うシステムや世界観の中に放り込まれると、さながらTRPGそのものも初めてのような、この地が足についてないような不安感。

ホント、身に沁みた。
ウチの新人ちゃんはいつもこういう感触なのかなぁとか思いながら、わからない事項を逐一質問しまくった。それでもわからん!なんじゃこりゃ!!……なにぶん、記憶力減退気味のところへ、きっとTRPGに適性ないんじゃないのってくらいドンくさい。そこへ今まで遊んでたのとは全然違う世界観とルールを詰め込むんですから。
一度に詰め込まなきゃいいじゃんって思うでしょうけど、早く一員となって一緒に楽しみたいですからね。一人立ちして迷惑かけないようにとも思いますし。
いや、男性PL3人は全員詳しくて、女性PL3人が全員初挑戦なんですね、殆ど。キレイに分かれました。この女性3人の中では私が一番TRPGやってるけど、それでもSWに限ったことなんで。今までのSWで得た知識なんか全然役に立ちませんもの。

で、GMと男性PLたちがマジメに世界の話とかし出すと、さながら外国語のヒアリングのようなのですわ。もう、自分の上を未知の言語が素通り。「まだわからなくてもいいよ」と優しいGMは言うけど、そこはわかるようになりたいので。自分が皆のためになる発言なんかできるようになるのはまだずっと先ですけど、そこは少しでも早く、ね。

だって、知らない言葉を聴いてるのはすごく消耗するんですもん。

キビしいのはコレだな!と思いました。
ルール覚えるの手一杯とか、世界観掴むのが先決とかいろいろあるけど、覚えが遅い初心者さんもいるじゃないですか。
「これはまだいい」「これを覚えなきゃ」って取捨選択もさながら、やっぱり、耳からどんどん聞きなれない言葉が入っては素通りしていくのってすごく疲れるんですね。
そして副産物として、疎外感というものも感じてしまいます。

「今回の任務は、セイコクキの奪還です」
シナリオ中、そうGMが話します。

「私は旦那の小説とかでセイコクキが聖刻器って書くのはとりあえず知ってるけど、あとの二人は知ってるかしらね?」
と後日聞いてみました。
「いや、単なるマジックアイテムってわかってもらえれば」
「それは確かにそうなんだよぉ(泣)。でも、セイコクキって言葉の羅列からさらにマジックアイテムって脳内で変換してくのってやっぱり疲れると思うのよぉ」
泣きついてみました。
デキる人とまだデキない人ってのは違うんだなぁ。
いろんなTRPGに慣れてる、すぐ遊べる人は、脳内でライトに言葉を置き換えてすぐシナリオに戻れるんですけど、すぐオタオタしちゃう初心者は、セイコクキが日本語なのか英語なのかそれともワースの言葉なのかとか耳から入った言葉だけで混乱して、そこで止まっちゃう場合もありますもん。処理がストップするんです、やっぱり、噛み砕いてもらわないと。

「センシシュウセイって何?」
そう、戦闘中にPLの一人に質問しました。
彼とGMとの間で「あ、センシシュウセイが入るからダメージが〜」と会話してたので。もしかしたら、それは技能なのか?それを取れば有利なのか?と。
すると周囲のPLが「いや、あんたのPCには関係ないよ」と。それで終わり。
正直、ちょっと寂しかった。
そんな中、質問されたPLだけが「戦士修正ってのはね〜」って教えてくれました。
セッションの流れの中で自分には全く関係のない単語でも、知る=わからない単語が減るってのはそういった疲労を減らしてくれましたね。
(実際、単発で先日ワースを遊んだ時には戦士だったのですんなり戦士修正ってモノを受け入れられました)

まずは自分のPCの使う技能を覚えろって思うかもしれません。私もそう思います。
でも、でも!
まずは用語・世界観に慣れ、言葉の奔流に押し流されないようにってこともケアのひとつではないかなと、あるシステムで全くのペーペーになってみて、痛感しました。
「初心者全く入れませんテーブル」なら、そんなこと考えなくてもいいんですけどね。

わかってる人の要点かいつまみ説明と、それを受け入れる初心者の間に同じ価値観を。

一日かけてコッテリ遊ぶ、濃密な世界です。
その時間が、テーブルにいる人みんなにとって等しくステキな時間になるように、ゲーム内でもゲームしてない時でも、私もますますいい人修行していこうと思います。
だって、そういう努力をするに値するテーブルにいるから。
posted by 管理人 at 09:34| Comment(4) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分、実は覚えが悪いので(良くGEHENNAのマスターしてるもんだ…)
D&Dなどは毎回、疎外感持ってます。
ま、「読め」「今更言うな」など言われることはざらなので慣れっこです(修正しろよ自分
最もルールを読む時間を作ってないのも問題ですが…
最も今週はクライマックスの近いストーリーなので
読み直さなきゃいけないんですけどねw
Posted by 夜鳴鶫 at 2005年09月28日 12:54
夜鳴鶫さんこんにちは。
HN、イッパツで出るように単語登録してみましたよ。

私ら女性陣がなんぼ教えても覚えないので毎回ワースのマスターがいろいろ作ってくれますが、こうなるとどのレジュメを見たらいいのかわからない地獄に陥ってます。

D&Dには簡単な自分の技能専用のレジュメなどないのですかね?
Posted by 管理人がちゃ at 2005年09月28日 13:46
ルールだけでなく、設定の知識差などでもこういった格差は度々生まれますね。

 ウチらでは、最近は疑問が出た時はみんなでルールブックや設定書いちいち読み合いしてます。
仕事がキツく、プライベートでルールブック読み込みしてこれない人もいるため、こうしないとルールにいつまでも慣れない(身に付かない)、という結論に自分たちの中で達したので。
 たまーに、こちらがルール読み込んで考えてきた戦術コンボを使おうとした時に、この状況になると多少イライラしてしまう事もありますが、やっぱり解ってる人間の方が心に余裕を持つべきなんでしょうね。

D&D3eや3.5eだと、いくら一覧にしてもかなりの質量になってしまうので「解りやすく」するのはなかなか難しいですしね。
Posted by 星川 月海 at 2006年02月22日 12:28
星川さんこんにちは。
昔の記事ですが読んでいただいて嬉しいです。

>疑問が出た時はみんなでルールブックや設定書いちいち読み合い

それが、正しいTRPGの姿「の、一例」だと思います。
いくらルールはGMの裁量とはいえ、やっぱりPLも納得してから次のアクションに行きたいものです。
田舎の中学時代、偉そうにも「テストに出る範囲講座」をやってプリントを作成して友人間に配ったことを不意に思い出しました。あれは「コレ暗記すれば60点はイケる」ものだったけど、D&Dでしたら情報量も多いから親切でレジュメ作ろうにも大変ですねー……

いつもありがとうございます。
Posted by 管理人がちゃ at 2006年02月22日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7290477

この記事へのトラックバック

一言感想
Excerpt: はてなブックマークで、一言感想を書いた記事へのトラックバックを集約している記事です。本当に端的なコメントです。  一言感想は、こちら    http://b.hatena.ne.jp/gensou..
Weblog: TRPGと現代ファンタジーを愛する男のブログ
Tracked: 2005-09-25 11:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。