移転しました。
リプレイ通販:無料配布は5/31申込分をもって終了しました。
「天翔けるゴブリン!?」は一冊¥100です。
内容などについてはこちらを。メールフォームから問い合わせ下さい。
コミックマーケット70スペース確保。金曜です。

2006年04月13日

誰かのために。

ニュースなどでは花見の映像。
北海道ではまだ雪が残ってますよ。
花見はGW、それが北海道の常識。

今度の舞台=オランの、詳細なガイドブックを作成しました。
B4両面で二枚ですけど、シナリオ集やワールドガイドなどから地図や記述を全部引っ張り出して有名人についても全部紹介しました。
どうしてかっていうと、今回初めてアレクラストに行く初心者さんがいるからです。
シティアドベンチャーの要素が多いというシナリオで、初心者さんがシーフに挑戦するからです。
その都度GMが「この街には●●があるよ」って言ってもいいけど、自分で「そういえば●●があったな」っていう方が本人も充実感あるかなと。
他のメンバーは殆どオランを経験しているのでいらないといえばいらないものです。
それでも、一人の需要のために作りました。
(本当に需要があるかはまだわからん!)

以前の記事(「バーチャル初心者プレイ」)でも書きましたが、それがたとえ重要じゃない情報だとしても、一人だけ知らないってのは寂しいんですよね。疎外感、までいかなくとも、周囲が知ってるのに自分は知らなくてポツン、では。


私は、配慮のない人間です。
「一人っ子です」というと納得されることが多いです。
別に一人っ子でも配慮のできる人はできるんであまり関係ないんじゃないかなと思うんですが、それが一転して、TRPGに関しては最大限配慮をするように心がけています。なんとか。

どうしてそういう風になったかというと、やっぱり昔の出来事がきっかけだったんじゃないかな。


続きを読む
posted by 管理人 at 11:08| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

追伸・オモロバトン

へっぽこガイド購入。
キャラ設定とか読んでると、自分たちのキャンペーンもいつかこういうまとめを作ってみたいなと思います(もちろん自分たちの分しか作りませんよ、そんな自慰本!)。絵師がいろんなこと考えながらPCデザインをしてくれているもので、そういうのをまとめて、関わった人たちに読んでもらいたいです。




以前、「オモロバトン」というのが出回りました。
提唱者(?)はアキトさん。
回されて回答する人もいれば(私もな!ちくしょう!!)、自ら拾って回答する人もいましたね。


オモロかは置いといて

数の子さんの回答。
シンプル文章だったんですが、私はこの回答が一番スキですよ。


■Q7.TRPGは人生の役に立つ?


 うん。

 嘘はうまくなった。



個人的には、「はぁー?質問の意味がわかんねーぜ考えて出せやギャーコラテメーッ」って叫んでかみつくより、こういう風に軽く落としてくれた方が、読む方は爽やかに済ませられるのでスキ。

軽く、軽く。

たかが遊び(まぁされど遊びですが)。
セッションを離れたら、ジョークで落とすくらいの余裕を持っていきたいと、数の子さんのファンである私はますます彼女に惚れました。マル。



posted by 管理人 at 17:41| Comment(2) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

ゆわっしゃぁぁぁ!

「鴎の行くままに」様、一周年おめでとうございます!
ヒャッホウ!
実はうちも、今月末で一周年なんです。
アンド、もうすぐ記事が200本突破。
思い起こすと、最初の頃から海鴎さんには仲良くして頂きました!感謝です!!

きっと、こういうタチの悪いブログとは内心縁を切りたくてしかたがないと思うのですが、ヤダ!
これからも仲良くしてもらおう!
(大いなる迷惑)

この記事にTBしてしまってすみません(土下寝)。


というわけで、今日は三連休の中日なんですよ。
ひさびさの一日二本更新。

何故かというと……唐突に思いつきました。
いや、サイトの二周年企画として、ブログランキングに参加してみました。
海鴎さんがランキングでTRPGというキーワードを残そうとして頑張ってらっしゃるので、私も私も。
でもおそらく、春がくればやめるんですが。

ランキングに参加。

全然動かない順位。

いたたまれなくなって剥がす。

これがマゾ的にはたまらない!
(バカ……)


思い出すのもはっきり言ってキモいんですけど、思い出しちゃったんで。
で、ただの日記じゃあるまいし、やっぱり読者さまが喜ぶようなものを書こうと思ったんで。
読者さまのおかげで、多少なれど広告収入があるわけで。
(blogclick→、クリック宜しく!無料配布本印刷資金なのです♪)

今日の午前に記事書いてからね、夕方は持病のせいで腹痛吐き気で七転八倒+トイレでマーライオン一歩手前でね。
で、だいぶよくなってからこの記事のためにメモ帳開いてしこしこ書いてたんだけどね。
思い出してやっぱりまた具合悪くなったんですよ。

はい。

えーと、あの人。


あの女史。


私たちに恐怖を植えつける、それがレジェンドクォリティ。
今まで女レジェンドと呼称しておりましたが、やっぱり、年上(そりゃもう!)なんで。
「レジェンド女史」と言うことにします。

なんだかアメリカの推理小説に出てきそうじゃないですか?
(てめぇアメリカ人の推理小説家全員に謝れ)


というわけで。
いじめが嫌いな人・行き過ぎたウーマンリブやってる人はここでブラウザ・シャットダウン!
(ウーマンリブってお前何歳だよ)
不愉快にしかならないと思います。
私もいじめは嫌いです。いじめというと集団のアレのイメージ近いですけど……とりあえず、ものごっつ精神的に痛めつけられた私には言う権利があると思うのだが?(笑)
あと、実際遭遇してないのに話だけ聞いて「別にたいしたことないじゃん」というのはナシね。
チミだよ、チミ。


あ、あと。
『北斗の拳』が大好きな人も見ない方がいいと、マジで思います。





お前に一回殺された。
posted by 管理人 at 21:41| Comment(5) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

NOと言えるTRPG、NoThankYouなのはレ(ry

この数日、いわゆる「論考系」なサイト・ブログを読んでみました。
結果、サッパリわかりませんでした。
文章読解能力はそりゃアレですが、基本的に論考系の人と私のようなチャランポランの違いは、背負ってるものの有無なのでしょうか。
なんだか皆さん、使命をもってTRPGやってそうです。
きっと、真面目な人たちなんだろうなぁ。

皆さんは、セッションにのぞむ時、何をもって会場に向かいますか?

え?
私???

メンバーの一人にお使い頼んだんですよ。
それを今週のセッション日に受け取るんです。

超おいしい日本酒を。

もう彼のことが、酒瓶にしか見えなくなりそうです。
酒のことで頭がいっぱいです。
「●●くん、おはよう!」
そう言う前に、
「酒ー!」
と叫ばないようにしないと。
……ってくらいしか心して集合しません。
あとは「時間に遅れないように」「忘れ物のないように」くらいかな。
もっとたくさん戒めないとダメでしょうか?


くだらない疑問を真面目に考えるのが大好きというか、脳みそレベルが低いのでくだらないことしか思いつかないんですが。

もしみなさんだったらどうしますか?


ある人からセッションのお誘いを受けたとします。
自分はTRPGは大好きですが、どうもその「ある人」のところでやるのは気が進みません。
そんな時、相手の気分を損なわないようお断りするには何と言うのが一番カドが立たないでしょうか?



別に、「ごめんその日は用事があるのー」でいいじゃん、と思われるかもしれません。
問題はまだ続くのです。


その「ある人」、きっと次も誘うと思うの。
禍根(?)を絶つためにはどう言えばもう誘って来ないでしょうか?
もちろん、失礼にならないように。



まさに、くだらなさMAX!!
どうでもいいことばかり考えて生きております!!


相性もあれば、私どもの不手際もあるでしょう。
もし誰かが、うちのセッションにまた誘われた際、「あの人たちと遊ぶのはなぁ……」と思うのであれば、そこらへん正直におっしゃって欲しいです。
どこが「その人的には」、我々のグループがイヤなのか、とか。
もしかしたら、そこは改善すべき点かもしれないし。
でも、そしたらもう誘わないから、その人には嫌な思いはさせないで済むんですよね。
「改善しますからまた来て!」というのもよしあしでしょうし。
(それに、治せないものでしたらしょうがないし。)
(最初の接触はまぁ、野良犬に噛まれたと以下略。)


というか、嫌なのに、予定は空いてるのに「ごめん、その日は……」とかぼかして伝えられたら、私がその人の嫌がっている雰囲気を察知できずにまた誘っちゃうと思うんですね。
そしたらその人、きっとまた断る際に何て言おうかなーとか嫌な気分になると思うのね。
基本的に、今まで一緒にTRPGして「この人イイわ!」って思ったら絶対また一緒に遊びたいって思うもの。
(逆に、「うーん……」って思ったらもう誘わない。)
(忙しそうなら誘わないけど、好きな人ならば「もしかしたら!」と希望を抱いてお誘いだけする。来てくれたらもうけもの!ぐらいの。)

でも、私がその人を好んでも、相手にしたらもう遠慮したいって思ってるかもしれないし。
そんな時は、私は遠慮なく来ない理由を教えて欲しいんですね。
それでいて相手には「カドが立たない言い方をしたい」というのはおかしいかもしれませんが、相手が必ずしも私のような鉄面皮で何でも笑い飛ばす人間とは限りませんし。


空気を読むとかそういうのは大の苦手。無神経なんで。
なので、その人は本当に忙しいだけなのかもしれないけど、2回断られたらもう誘わないようにしています。
嫌がっている可能性もありますので。
もしくは正直に「お嫌なことがありましたらそのむね遠慮なくおっしゃって下さい」と前もって言います。


あ、別に「私のこの方法が正しいんだ!」とか主張するつもりはありません。
もっといい方法があれば教えて頂きたいだけです。

要するに、私は臆病者なんですよね。

接点がある人全員と仲良くするなんて無理。
ましてや私のようないたらない人間です。
いろんな人に迷惑をかけていると思います。
でもこの先いろんな人と遊びたいんで。


さてそこで。


で、それは私が悪いのか?

……な過去の話を。
いろんな人に「その人はその後どうしているの?」と聞かれてきたわけで。
注意書きも面倒ですが、「ツッコミたい相手に対して、ツッコまないと具合が悪くなる」正義感の強い方には向かない文章です。



読むかね?
posted by 管理人 at 08:33| Comment(12) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

僕のクレンリネス・ワールド

お尻が痛いのよ。

いや。
道がツルツルでして。
転ばないようにふんばって歩いていたら臀部の筋肉に負担がかかったらしく。



汚い机ですね。

紙類、左から「セッション中にとったメモ」→「シナリオ」→「テープ内容の記録」→「各PCの能力値」です。
ずいぶんカラフルな紙に書いてるなと思われる方もいらっしゃるかと。実は最近、紙がもったいないので、文字通りの「チラシの裏」を利用するようになりました。どうせ捨てるものだし。
卓上にお菓子が見えますが、オヤツなのではなく、時間がもったいなくなるとチョコで飢えをしのぐからです。
紙類を触っていると指が乾燥してくるので、ハンドクリームも欠かせません。
冬でも麦茶を飲んでいます。これが原稿の大詰めだとペットボトルに変わります。

冬コミで燃え尽きたかに見えましたが、二度の爆笑セッションで充電完了、またテープ起こし→PC入力を繰り返す日々。

皆さんの執筆環境はどんなカンジですか?
ピシっと美しい机?

さてさてー。

冒険って、素人が思うほど
キレイなものじゃないよね?


剣でズバっと胴体を切れば、血だけじゃなくて内臓も飛び散るさ。
メイスで頭を殴れば、灰色の脳漿をブチまけるさ。
死体を調べるっていうけど、10日もたてば死体はウジだらけだよ。

TRPGでも、描写されないだけで、けっこうグロい場面があると思うのですが。

たまーに、小説で冒険者の暮らしを取り上げているものがありますよね。
「サーラの冒険」を執筆するきっかけにもなっているらしいのですが、そういった「普通の物語では語られていない部分」っての。
あと、「フォーチュン・クエスト」では思いのほか主人公のパステルがミッション中にパーティのご飯を作るシーンが多く出てたり。

「出発」→「ダンジョンに到着」→「モンスター殴る」→「宝見つける」→「帰還」だけではないのですよね。
モンスターも生きている。
私たちも生きている。
生きてりゃ、腹も減る。


で。

トイレってダンジョンの中ではどうしてるのかなぁ。

トイレ。
別に描写も必要ないさ。
でも、絶対しているハズです。

しかし、ダンジョン内にキチンとしたトイレがあるとは思えん!

オラが古代王国時代の魔術師なら、遺跡(自分の生きてた時代には遺跡じゃなかったわけですが!)にはトイレ完備させとくね!
(こういうことばかり心配しているアホな人間は滅びるでしょう)

とある小冊子で、コミックマーケットの仮設トイレをどうやって手配しているか、などの特集がありまして。そうだよなー、コッチ系の準備も必要だよな、人が集まるんだから…と興味深く読みました。

うちのサークルで、ワースブレイドのGM(WM=ワースメイカーというらしいよ)をしているオトコノコに、この「冒険者とダンジョンとお便所」の話をしてみたところ。


「僕の世界は水洗トイレ完備です」(妙な力説)


「……そうなの?ダンジョンでも?」
「もちろんです」
「……荒野や山奥でも?」
「当たり前じゃないですか」
「……もしかして、ウォシュレットまである?」
「何を決まりきったことを!あるに決まってます」

このWMさんはきれい好き。
いや、汚いトイレが好きな人なんていないでしょうけど。
なにしろ去年夏、海水浴に皆で行くって時も、私よりも強硬に「ちゃんとしたトイレがある海がいい!」と主張していましたっけ。
オラは途中から幹事のオトコノコが大変そうなので「いいよ、もう、大半は海中でするから」と、気遣うように見えてある意味とんでもない発言をしていましたが。
(もちろん海中ではしませんでしたわよ!)

私も、トイレはキレイじゃないと絶対ヤです。
なにぶん、前世は犬かもというくらい鼻が敏感なもので。
どうやって、子供の頃汲み取り式トイレをクリアしていたのか不明。
アレ掃除するくらいならすいません人生考え直します状態。

でもさ、ほんとに、ダンジョン内で冒険者はどうしてるんでしょ?

そこらへんをひたすら追及すると、あら不思議、もう遺跡も洞窟も入るのがためらわれるように!?
もしかしたら、冒険者の持ち物には、記述がないだけで全員「火バサミ」「ビニール袋」が必須になっているのかも。
(ビニール袋って何やねん)
さながら犬の散歩。
でも、生きてたら、ご飯食べたら、出るものは出るじゃないですか。
ホント、どうしてるんでしょーね。
無骨なドワーフ戦士だろうと、ビキニアーマーの美少女だろうと、出るじゃないですか。

そんなカンジだったので、このWMさんの「僕の世界」、やたら私のツボに入りました。
だって、快適に用が足せるんだもん。
どんなに疲れててもトイレの中は自分だけの世界。

あ、なんだかワースブレイド、好きになったかも。
(注:ハウスルールとかそういう問題ではないかと存じます)

というわけで、私はワースの時間はいつもWMさんに質問をします。
「ここではもちろんトイレは水洗?」
「当たり前じゃないですか」

何をわかりきった質問してやがるこのクソアマ、と彼は思ってるかもしれませんが。
いやぁ、いいもんです。
追われて森に逃げ込もうが、神殿を攻めようが、そこではいつも水洗トイレが待ってるんです。
ウォシュレットまで使えちゃう。
たまりませんなぁ。

こういう馬鹿馬鹿しい(失礼!)オリジナリティは大好きなんですよ。
(ヘタにカッコいい自分の世界を構築しようとして失敗してる人を見てるもんでね。)
posted by 管理人 at 22:12| Comment(10) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

それだけは避けたいもの【自虐度最大】

午後から工事で停電なので、今のうちにシコシコ更新。

北海道ももう雪ですよ。
大変ですよ、灯油代も除雪も。
その点セッションの日はいいわ、冷暖房完備だもんね。
(本州では冬季は公共施設で暖房費を取られると聞きました。)

でも、その暖房で乾燥して肌がシワっぽくなっちまいます。
しゃべりっぱなしでノドにもくるし、そこからカゼにもつながりかねません。

もしかしたらこの年齢にもなればセッションにおいて一番大切なことは、健康管理ではないでしょうか。

体調が悪くてはじゅうぶん楽しめないし、たとえゲロゲロで来られても周囲に罹患したりよけいな心配されますし。
そういう意味では、いざ体調を壊してしまったら、「休む勇気」も必要ですかね。
あまり休んでほしくないから、しっかり睡眠と食事をとって自己管理をしてほしいのですが。


さーて、今日は嫌なこと書くぞーぅ。

といっても、100%自分のことです。
しかし、勝手に「自分のこと書かれた!」と思って喰ってかかる人はいるかもしれません。
アタシのことよ、ア・タ・シ。
人間、一番大事なのは自分のことです(おい)。
いや、まずは自分だろ?他人を戒める前に。

表現的には、女性に対する侮蔑表現マキシマムです。
いいんです、自分への戒めですから。
(マゾだからという説もあり)

そう、不愉快な表現ですから。
そういうのが苦手な方はここでお帰り下さい。



……

………そう言われて帰る人なんかいないってのも知っていますが、モノゴトにはタテマエとかあるのですよ。
ボクは知らんよ。

自分の想像力のたくましさに嫌になりつつも、TRPG愛好者としての自分のバッドエンドの1つであることは確かです。トホホ。










続きを読む???
posted by 管理人 at 08:08| Comment(4) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

X,Y...Z!!

最近ぱたりとやんでいた迷惑メールがまた来るようになりました。
それも同じタイトルばかり。

「乳首を切って!」

……なんですか。
それは、今年のエイプリル・フールに、
「転んで乳首を捻挫して、今病院です」
とメールをした私に対する挑戦ですか。
(二人ほど、マジでだまされたので快感……)

えーと。タイトル。
中学時代、私が通っていた学習塾は「Z」って名前でした。チェーンではなく個人営業のような。そこで授業中に、先生に当てられてこんな質問をされました。

先生「おい、●●(私の旧姓)。この【Z】には、どんな意味があると思う?」

「えーと。ここでも成績がダメならもう後がないってことッスか?」

……怒られましたよ。
【Z】は確かにアルファベットのドンケツですが、最後=「究極の」ってニュアンスもあるそうですよ。メモメモ。

そういえば、Zで昔のことを思い出したので、朝っぱらからひとつ更新しますよ。
単なる昔話です。



続きを読む
posted by 管理人 at 09:33| Comment(7) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

相討ちロマンス

アレルギーってほどのものでもないけど、寝起き時や外泊時には鼻水が止まらない管理人ですこんにちは。季節柄今が一番ズルズルです。
弁当を作っていると、隠し味に塩っケを加えてしまいそうですよ!

アホい歴史

資料の整理をしてみた昨日。
いや、これがリプレイの原材料なのですよ!
前回のキャンペーン、全12話分のあらすじです。
欠席したり途中加入の人に配ったほか、自分用でもあるわけです。
紙のサイズがバラバラなあたり、本人の人間性が出ておりますが。
(その時余ってるものに印刷するので!)

主なセッションの流れと、押さえるべき事柄が全て書かれています。これをしっかり頭に入れてテープを聴けば、どの会話を拾ったらええのかわかるわけですよ。手間がかかるように見えて、大幅にラクチンになるんです。これをちゃんと作ってあればあるほど、テープは流しっぱなしですね(途中で止めたりしないですむ)。

そんなヨタはどうでもよろしい。
(一番嫌いなページ稼ぎをしてみました!)

さて。

あ、ネタですから本気で反論しないで下さい。

TRPGで一番楽しいことって何ですか?

他人になりきること?

魔法を使うこと?

ダンジョンに潜って財宝探し?

英雄と呼ばれること?

どれも楽しいですねぇ。
私は、5年ほどのTRPG歴の中で、つい先日悟ったというか見てしまったというか。

TRPGで一番楽しいこと。

それは、味方を殴ることです。

……と書くとアブない人っぽくてとっても危険な香りがギュンギュンいたしますね!!

いやー。
PC同士の殴りあいって一種最高にエキサイティングプロ野球じゃないですか(意味不明)。

どうですか?
誤爆やその他いろんなシチュで味方を殴り、ダメージを算出する時。
イキイキしてませんか?
サドでなくても!!



この「ツアー2 ロマール」内のシナリオソースを使ったセッションを数ヶ月前にちょろりとやりました。PLは4人、PCも4人。全員兼業クサいカンジで。
ワシともう一人の女性PLがシーフ技能保有。男性PL二人はファイターとシャーマンがメインで。
シナリオソースの内容はどうこう書きませんが、まぁ罠でいっぱいの場所を探索するというシナリオですよ。
そこにはそんな、モンスターなんてそんなにいなくて(部屋を巡る順番によっては最後まで殆ど出てこなくって)。
すると必然的に、ダイスを振りまくるのはシーフ二人。もちろん罠を調べるのは一度に二人ってわけにもいきませんから、交替で。
ファイターとシャーマンはヒマになってきます。最初のうちこそバードも持っているファイターが呪歌で応援してくれましたが、そりゃー退屈ですよ。

「なんか、あちらにまだ部屋とかがあるんだけど、その前がシーフじゃないとなかなか飛び越えられない溝があるんだわ」
先行偵察した私たちが言うと、男性は手をひらひら。
「いいよ、俺たちが行っても飛べなくて足手まといだから、とっとと行って来い!」

自分たちが逆の立場でしたら、やはりそう言ってたと思います。早く探索は終わらせて、戦闘したいナーって思いますよ。
早く済ませて、奥へ行こう。
そう言って私たちは通路を飛び越えました。

すると……そこにいたのはコウモリさん×3。
戦闘です。
「助けてぇ!」
私たちは叫びましたが、なにしろファイターとシャーマンがこちらに来るには溝をジャンプしなければなりません。彼らのいる辺りまで戻る間には背後からの攻撃をどれだけ受けるのかわかりませんし。不本意ながら、探索だけでなく二人で戦闘まで行うことに。

そこで、誰が言ったんだろう。
私だと思います。おせっかいだから。だって、自分たちだけ何かするのって申し訳ないじゃないですか(私はソロプレイはあまり好きではないです。自分以外退屈だろうし)。

「あー、ヒマならモンスターのダイス振るとかどうですかね」

「よっしゃあぁぁ!!」×2
GMがいいよーって言うと、俄然元気になった男性PLたち。
嬉々として完全版を開き、モンスターデータを見て「Aはオレ、Bはお前…」と分担。

猛烈にイヤな予感がいたします。

そう。
予感的中。

ザコのはずのモンスターが強敵に変身してしまいました。

なにぶん私たちは1〜2レベル。
で、もう一人の女性PLの出目はすこぶる悪いです。
そして私のPCはドワーフ。

こちらの攻撃は当たらず、あちらの攻撃はがっちりヒット。

生命点が低くとも、バットなだけにあちらは素早いです。
こちらが攻撃をしても……
「8を振れば回避、回避……出たぁーっ!」
「見える、私にも見えるぞ!!」

PLなんつうもんは、アレです。
「丸いのと細いの、どっちを齧る?」
「さっき齧って美味かった方(細いの=女性PC)!!お前もそっちを齧れ!!」
集中攻撃です。PCを確実に仕留めようと躍起になってます。

PLの時と気合がチガイマス。

あげくにダイス目の悪い女性PL、防御ロール1ゾロ連発で昏倒。
「オレを踏み台にしたーっ!(号泣)」

私のドワーフはガネードのプリーストでもあったので、これをキュアしますが……

「GM!コウモリだから、ソナーで起き上がろうとするのを感知してもいいッスよね!?」
「(もぐもぐ)……あー……そうなるよね」

すでに、お茶とお菓子で休憩に入ってるGM。
この後再度女性PC昏倒。
私のドワーフも精神点があぶなげです。

バット3匹に倒される冒険者になってしまいそうです!!
ジャイアントでない、ただのバットに!!


※記憶をよーく掘り起こしたら、ジャイアントなバットでした。そりゃそうだ。

一回当てれば、まずコウモリさんは沈みます。
実際一匹は開始直後私のヒットですぐ撃沈。
ところがその先、「一回」がなかなか出なかったのです!
……たかがコウモリさん三匹相手に何ラウンドもかけた死闘を繰り広げた私たちは、ズダボロになって仲間(さっきまで退屈こいてたはずが顔がツヤツヤしてました)のところに戻りました。
「何もなかったよ……」→べそべそ泣く女性PC
「ふーん?じゃ、次の通路行くかぁー」→ニコニコ男性陣

次のセッションとの合間の休憩時、男性PLがタバコの煙をぷぅーっと吐きながら、
「オレ、バットが好きになりそうッス!」
と満足げに語っていました……

味方を殴る。
誤爆にしろわざとにしろ、非日常的な冒険者の生活の中でもさらに非日常的です。
実際モンスターの方が弱いような時しかこんなチャンス(?)はないでしょうけど。
案外楽しいようです。
あくまで「たまーに」起こるから面白いんですけどね。
posted by 管理人 at 10:01| Comment(7) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

バーチャル初心者プレイ

ここ、27日(火)の深夜から明け方までメンテだそうです。
早く何とかしてくれー。

今度は、「サイコロ型のビーズをいっしょうけんめい針と糸を使って布に縫いつけている夢」を見てあまり寝覚めがよくありませんでした。

今までに何度か触れた話題ですが、最近の出来事からもう一回。
タイトルからわかるように「初心者と遊ぶ」ことで思ったことを一つ。
あくまで私の感じたことです。それでもよければ。



続きを読むのも初めてなんです……
posted by 管理人 at 09:34| Comment(4) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

いつでもどこでも誰とでも

飲みに行って「リアルおやじ」と呼ばれたり、翌日ヒザがアザだらけになったり。
大人って、大人って!

なので今日は軽くイッパツのみ。


「自分はTRPG中毒だ!!」


そう思う方はこの世界、多いかと。

映画や小説に触れるにつけ「これ、シナリオに使えるよな」と思ったり。
(自分はGMしないけど、これはファンタジーでも通用する話だなと思ったり)

サイコロのカタチに惹かれ、アクセサリやストラップに選んだり。
(私、そうです)

買わなくても(大半を持ってるクセに)、初めて入る本屋では必ずTRPGコーナーの品揃えを見たり。
(すみませんやってます)

いろんな中毒症状があるかと思います。

ま、マジ顔で「いやぁワタシ、シーフ技能がありますから忍び足ができるんですよォ」とか「ワタシ、知力基準が高いですからァ」とか言うと単なるイタい人なんですけど(実在。その名はレジェンド)。

その中で、コレはどうでしょう。


夢の中でセッションやってた!!


私はよく見ます。

そしてうなされます。

たいていよくない内容なのです。
「自分がGM、でもシナリオの穴を突かれて30分で終了してしまった」
「半数以上のメンバーが病欠する」
「GMとなってテーブルについたら、PL全員が会社の先輩だった」(→イヤさ最強)

セッションが楽しくて楽しくて、夢の中でもできたらイイのになぁと思いつつも、実際見る夢はロクでもない内容ばっかり。
もしかしたら嫌いなのかっ?(笑)

カンケイないですけど、自分が裸である夢というのは吉事の前兆らしいのですが……あのいたたまれなさは切ないよね!
(え?誰も見ない?)
posted by 管理人 at 18:18| Comment(4) | TrackBack(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

名前、二つ名、あだ名

友人から。
「円山動物園(札幌)に、ガチャという名前のチンパンジーがいるそうです。好物はビール」

は〜い、サルのガチャでーす(ヤケ)。

……まぁ、サル山にいる方がきっと頭はいいです。

名前関連の話、このブログでもしました。
「リプレイ書きのエゴ」
http://berusupo.seesaa.net/article/3199083.html
「君の名は???」
http://berusupo.seesaa.net/article/4922050.html
「続・君の名は???」
http://berusupo.seesaa.net/article/4951943.html
「改名しないと死ぬわよ!」
http://berusupo.seesaa.net/article/6649353.html

今日は別な角度からまた過去の話を紹介していきます。
自分の名前じゃなくても、その名前にはみんなの思い出があるから。名前を聞くだけで心が暖かくなります。楽しかった出来事がよみがえります。

でも、赤の他人には本当にどうでもいい話。
そして、私は趣味でリプレイを書いています。その勝手な都合の話でもあります。
だから、リプレイを書かない方はもとより「名前なんかどうでもいい」な人は、お読みになられても何の感情も沸かないかと。ご了承ください。



続 読夫さん(35才会社員)
posted by 管理人 at 12:45| Comment(5) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

追憶のマイリー・チョップ(打撃技)

二日酔いでへばっておりました。
昨日は午前中いっぱい、世界が回って中島みゆきの「時代」がエンドレスリピート。
まわる〜ま〜わる〜よ俺ちゃ〜んがまわる〜♪

真性のダメ人間です。
きっとダメすぎるから、どこからも「駄目人間バトン」が来ないんだ!
(本気でヤバい人間に渡すわけにはいかんだろう!!)

原因は、前回に書いた「町内会の会合」。
冷静に「おまえら論点ちがくね?」と異議を述べた旦那を、同じ住宅に住む、単身赴任おじさんズ(全員同じ職場)が気に入り、そのまま拉致られて飲み会に突入。
おじさんズの飲み会はハードです。
飲み物酒オンリー。
しかも「来週もおいで!」「おぅ!」……ウーロン茶持参で行きます。

今日も、昔話を。
ワシが拙くも先輩に囲まれてGMやってた頃の話です。
レジェンドはいたけど、間違いなくいい時代でした。



習得前提条件:マイリー神の敬虔な信徒であること。
posted by 管理人 at 11:04| Comment(6) | TrackBack(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

ハイジャック・バスジャック・●●ジャック

旦那が仕事先(農家)で、いきなし米を2俵購入。
120キロです。
義弟(元相撲部)より少し重い程度ってのはどうなんだろうと義理の血縁カンケイに思いをはせつつ、10月からは旨い米が食えるなぁと。ちなみに24000円ね。なくなったら取りに行けばいいってことで、家に120キロ備蓄するわけでないのでホッ。

というわけで、セッションで頭を使って(まぁ他人様から比べたらまだ足りないんだけど)ぐったりして帰宅したら選挙の結果はアレだし、おまけに明日の町内会の会合における議題のアホくささを知って、このトリプルパンチでゲロ吐きそうな管理人ですこんにちは。
(エチケット袋は忘れずに!)

どんなときでも、趣味があるっていいことだ!

一人じゃできない遊びだけどな!

町内会の会計さんちに、各棟の班長さんが集めた町内会費を届けるんですが。
不在ならドアの郵便受けに入れてくんですよ。
それがなくなったらしく、もめたそうです。
それで、明日の議題は……

「こんなことがあったから、町内会をなくすべきだ」




どうしてそうなる。



TRPGでもたまに、目的がすりかわったり見失ったりしますけどね。
GMがそっと修正したり、PL同士話し合って元に戻ったり。
仲間とは話し合う価値はあるけど、こういう人とはどうかってのは言わずもがな。

さて。好評だったからってわけじゃないけど、アレを書いたらコレを書かないわけにはいかないってことで。

困ったちゃんのことを当ブログでは「悪玉菌オタク」と呼んでいます。
それの最たるものを「伝説の悪玉菌=通称レジェンド」と呼称しています。
自分のブログ内なので何をどう呼ぼうがオレ様がルールなわけです(笑)。

短いようで長いようなTRPG人生、悪玉の片鱗を見せる人の他にも数人のレジェンドと遭遇してきましたが。大学時代、このレジェンドの中でもキングオブキングスな方(年上)と遊ぶ機会を得たために、このブログの記事はある意味
無駄に
充実しているわけですが。
(無駄にというのが重要です)
この方についても過去に何度か触れています。一番反響があったのは……

「宗教問題は深刻である?」
http://berusupo.seesaa.net/article/5049646.html
「PC萌えが許されるシステム?」
http://berusupo.seesaa.net/article/6588483.html

両方で使用されたシステムは違えど、レジェンドがオノレを見失い、ハデに自慰行動をなさる様子に恐れおののく読者様多数でした。
そこで今日は、私が彼について知ってる中では一番ショッキングだった出来事を、私の記憶と旦那の伝聞(旦那の方が彼と接した時間が長いのですよ)でお送りします。

「愛の共同作業!」とか明治時代級に伝統的なツッコミはナシの方向で。
お仕着せのウェディングケーキ入刀だけでじゅうぶんにょ。

お断りしておきますが、今日の話は完璧にヤマなしオチなしイミなしの昔話です。
「だから、TRPGやる時は●●しないとね」っていつものもありません。
当時一緒に遊んでいた人には確かに不快な出来事なので、ここで引き返すことを勧めますが、それ以外の方については「不快感をおぼえるかもしれませんので」なんてヤワなことは言いません。150%不愉快だった出来事を今になって笑い飛ばすための記事です。
人によってはウケないでしょうし(そりゃそうだ)、笑ってすませられない人もいるかもしれないし。それでもいい方のみクリックするなりスクロールするなりどうぞー。
システムはGURPSリング☆ドリームですが、別に今日はプロレス知識は不要です。
では必要なモノは?

人と協調しあう心とまっとうな神経です!

(いいこと言ってるように見えて自分で実行できてないのでヒトシくんボッシュート)












昔話ですがそれでもよければどうぞ。
posted by 管理人 at 15:55| Comment(12) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

NO TRPG,NO LIFE...?

体調不良で寝ていたところを旦那の電話で起こされて不機嫌な管理人ですこんばんは。
なのでひとことつぶやいたら寝ます。

各所で話題を呼んでる、TRPGをやめちゃった人の話。
http://trpglove.seesaa.net/article/6307374.html
リンクしてるし、コメントを通じてお話したこともある方だけに残念。
片方の話しか聞かずに結論を下すのもどうかと思うけど、こういう男性ってのは存在するんですねぇ。確かにMYキャラLOVEってのは過去に強烈なのに出会ったけど(伝説の悪玉菌=レジェンド)、自己完結に近い人だったから&周囲に良識ある先輩方が多くて守ってもらえたから私は彼をネタとしてのみ(憎まず)記憶し、今も楽しくサイコロを転がせているのかもしれない。
(でも当時、そのレジェンドな人がGMをやる日は苦痛でしたがね)

とりあえず、自分たちのテーブルからは、こういう風に脱落していく人を出さないってのが、TRPGが好きな私たちの共通の目標なんじゃないかな?
メンツに恵まれなくて(人数もそうだし、周囲の質もだね)TRPGを断念している人は少なくない。気の毒。でも気軽に「じゃあウチおいでよ!」っていうのは偽善とか思い上がりになっちゃうのかな。実際私がシナリオ作成するわけじゃないし……

今日のタイトルは、タワレコのコピーのパクり。
「TRPGのない人生なんて!」ってな気分で使ってみたけど。

本当にそうかなぁ?

この記事を読んだ後に先日の「管理人ソーサラー廃業か!?事件」があったもんで、けっこういろいろ考えさせられました。

自己嫌悪とか後悔とか反省とかいろいろあるんだけど、それでも毎月のセッションを楽しみにしている自分がいるんですよ。
確かに、存在しているんです。

それはどうしてだろう?
そういったマイナス面などいろんなものとTRPGを天秤にかけたら、重いのは断然TRPGなんです。TRPGが好きだからに決まってるじゃんって?

周囲を見渡してみて、しばし考えてみる。
もしかして、私は、セッションにかこつけて彼らメンバーに会いたいだけなんじゃなかろうか?なんてうがった見方もしてみた。

結論。

ま、それでもいいじゃん。

「メンツ9割」って瑠璃絵さんに教えてもらった。
9割楽しけりゃまずはいいや。
あはは、邪道だとか厨だとか言って下さってもかまいませんぞ(笑)。

TRPGは大好きだけど、上のリンク先で管理人さんが出会ったような人とは絶対遊びたくないわけです。
バスケ好きだからって、汚い反則ばかりしかけてくるようなプレイヤーとは遊びたくないでしょう?(まぁ、汚いから反則っちゅうのか?)
だからって「お前はバスケを愛してないんだ!」って言われるのは筋違い。

本当の本当に「楽しい時間を共有する」ってのは、「趣味=TRPG」の人の全てと可能なわけじゃないんです。TRPGやってたら皆トモダチ、そうなれたら幸せだけど現実はそうもいかじ。

好きなシステム、プレイスタイル、いろいろあるけれど。
まずは。

気持ちいいプレイヤーになろう。

難しいことかもしれない。
何がどうすればそうなるのかなんて、それこそ人それぞれですもんね。
だから「適材適所」。
どこかに自分とピッタリ合うテーブルは必ず存在します。
「けっこう不満もあるけど、TRPGをやめたくない」そう思えているうちは、探して下さい。
そして、いいテーブルに巡り合えたら……気持ちいい人たちと遊べる自分は幸せだと感じられるようになろう。

不満ばかりの人は、すぐそばに転がってる幸せに気づくには自分を変えるしかないでしょう。
また、本気で、辛いことの方がTRPGの楽しさより大きかったら、無理はしないで。

生みの苦しみはGMにはあるだろうけど、「嫌だ」や「辛い」だと趣味で苦しむなんて!
posted by 管理人 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

君をずっと、大切にし続けるよ?

いやはやこの一週間、親と親戚と老人と海と墓しか殆ど視界に入ってませんでした。飲み会で20代と会うと嬉しかったです。ま、オタクですが。
通帳残高がハデにデンジャーランプ点灯しているくせに、帰省ラッシュのおかげでカニだ寿司だと贅沢なものを食い散らかしています。冷凍庫にはまだ備蓄があるだろうと思っていたらアイス枕と保冷剤です。とりあえず今日はウナギ、明日はジンギスカンね。冷凍庫にはそれしかないのよ。

新人へのケアで何度かグダグダ書いてきてますが、今日はその話の番外編。
文字通り「カテゴリ・つぶやき」ですからね。
あぁ、ストイックなベテランさんが読んだら気分悪いかも。
でもって、SWのセッション中の出来事から、私がメンバーと話し合ったことです。
ワシのおせっかいな話も含め、他で必ず当てはまるとは思えませんので、そこらへん了承できる方のみどうぞ。

ジン!ジン!ジンギスカーン!
posted by 管理人 at 15:21| Comment(7) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

ラスト戦闘クライマックスであなたが消える

お盆ですねぇ。
私にとってお盆とは、

戦隊ショー

でございます!
あー、生のマジレンジャーかっこよかった。
友人の間では、舅を朝6時前から並ばせる鬼嫁として有名な私ですが、おかげさまで今年もほぼ最前列でゆっくり観覧できましたよ。

今日もヨタ話。
キャンペーンをやってる方に、ちょいと質問です。
なので、キャンペーンはやらないって方には面白くない話かもなぁ。



続きを読む?アンタも好きねぇ!
posted by 管理人 at 17:52| Comment(17) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

好き嫌いはないが味覚も定かではなく

言うまでもなく「あのアニメ」の影響で。
子供(♂)に「キラ」とつける母親がいたそうです……
○| ̄|_
やめろよ!やめてくれよ!
じゃあ私は「西川」って男と再婚して子供に「ハイネ」ってなmうわなにおするやめr

………お盆も近いのでご先祖様が乗り移りましたすいません。
(そんなご先祖様もいませんが、父方のルーツは渡辺綱だそうです!嘘くせぇ!)

今日は、オラのネット上のTRPG友達から聞いた話。
例によってグダグダ話のしかも伝聞ですからそこんとこヨロシク。
あっついですから、怒るともっと暑くなりますから。
ヒートするだけ損ですよぅ。





続きを読む価値があるかどうかは知らん。
posted by 管理人 at 15:57| Comment(12) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

私と会社、どっちが大事なの?

寝苦しいですねぇ。
けっこう寝不足の会社勤めの方、いらっしゃるでしょうねぇ。

「夜眠れないなら、昼間寝ればいいじゃん」

パラサイト主婦だからって、そんなこと言えません。

今日は別に何でもない話なんですが(いつもだろ)。
社会人で頻繁にゲームをしている人なら一度はこういったピンチを迎えた人・それを見た人もいるかと思います。

「パパー、日曜にドコ行くのー?」子供に言えるかっ!
posted by 管理人 at 08:53| Comment(10) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

連鎖〜有袋類と哺乳類のTRPG

ちょろっと、右サイドバーの下部に広告がついてます、このブログ。
何を基準に、広告の種類を選ぶのかは知りませんが。
「身長が伸びるシューズ」ってのは何かな、と。私のブログにはそういうのがふさわしいんかね?
このシューズも一種の「ティソダー」商法かな………前の会社ではいてるオッサンいたよ。あだなは「モモコ」(ハイヒールだから)。

えぇ。今日は以前書いた「適材適所!?」の続きというか補足というか何と言うか(何なんだ)。
オーストラリアならびにコアラやカンガルーに対し大変失礼な表現をしていますので。オーストラリア出身とかあの国が大好きとか、コアラ愛好家とか(略)な方にはものっそいムカッ腹が立つ内容かもしれません?(中途半端な文体)別に単なる比喩表現なんですけど、ま、世の中いろいろですから。
例によってSWにおいて勝手なことを書いてありますんでそれでも許せる方のみ自己責任で下へ進んで下さい。
いつものように考えが偏狭ですから、ご注意を。









コアラって獰猛なイキモノなんですよ。
posted by 管理人 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

切なる願い

最近のテレビドラマはすごいな……空間が歪むサーブとか、忍者が“ライトニング”に“ファイア・ボール”に“テレポート”を駆使してくる……「アタック1」と「水戸黄門」のことです。

それは、ある冬のこと。
(季節に逆行する話題を持ってくるあたり自分もガッツがあるなと思います)。
寒いからしっかり着こんで外出してたら、それを夫の職場の人(同年代のスリムな若者)に目撃されて。







「へぇ、デブ夫婦なんだね」









待てやこの(検閲削除)。





これは、「人の嫌がることを言ってはいけません」という小咄ではございません。
管理人の性癖の話です。
この話は冗談みたいなもんですが、正直自分より痩せている人におデブと言われて真剣には怒りません。
夫の一族が揃ってヴォリューミィなもんでこの「デブ」という単語にはすっかり慣れておりまして。

義弟が義母に言う!夫が義弟に言う!!義母が夫に言う!!!

だから、慣れてしまいすぎて。デブ=スタンダード。デブであるのが普通。だから一般人は皆スリム。
これがたまに弊害となって、普通の人はデブと言われると怒るということを失念しがちです。
ボクの常識、キミの非常識。
ほら。
「各自の常識にまかせます」って、すごく大切なことだけど、それだけに頼るのはアブないじゃん?
(そうか!?)

というわけで、こんなブログに書かれてること、真に受けないようにお願いしますね★

さて。
ここんとこ35質とかバトンとかで遊ばせて頂きましたので。

「好きこそものの上手なれ」
をTRPGで私なりに考えてみたいと思います。
まぁいろんなところで「何が大事か」とか論じられていることと思いますが(すいませんいつもの巡回先以外殆どマジメに読んでません……ケースバイケースで参考にはしますが、人の言葉を鵜呑みにしても自分に合った正解は得られませんし……)。
でも、趣味について真剣に考えられるのって、幸せじゃないですか?
スポーツだってそうです。
プロになりたいとかじゃなくても、やるからにはどんどん上達したいもんじゃないですか?
どうすればいいか、仲間と話し合ったり。
私の中では、TRPGは皆で遊ぶものだからいっそうその色が強いのだと思いますけど。

今回は自分に対する叱咤というか自戒の、アレな話ですので。
いつにも増してマゾっちい文章です。

【イタい度★★★★★】

続きを読みたいマゾの人はいるかね?
posted by 管理人 at 09:21| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。