移転しました。
リプレイ通販:無料配布は5/31申込分をもって終了しました。
「天翔けるゴブリン!?」は一冊¥100です。
内容などについてはこちらを。メールフォームから問い合わせ下さい。
コミックマーケット70スペース確保。金曜です。

2006年01月19日

全ての人が、勝者になればいい

お酒を飲むと、気分がよくなりますやね。
だからって「バイエル薬品」のコマーシャルソングを人前で歌うのは考えものです。
(歌ったのか!?)

先日のワースブレイドセッションでは、コマのかわりに先日購入したおかっぱのボイスアイドルを持っていくというどうしようもなく頭の悪い行動を取ったのですが。
(もちろんデカすぎて使用許可下りず!)
帰りに、お菓子のオマケの、おかっぱの友人で某金髪で浅黒い肌の人形を無理矢理GM(WM)さんのコマ入れ(袋)に入れてやりました。
「SEEDなんかオレの袋に入れるなよーっ!」←SEED嫌い
これから毎回混入させてやる。


本題。

よく「勝った」とか「●●すると、負けかなと(ry」とか、「負け組」とか「勝ち組」って言葉を使いますよね。
勝ち負け。

TRPGに勝ち負けは存在するのでしょうか?

ミッション成功がどうのではなく、勝ち負け云々の判断基準というのは存在するのですか?
……まぁ、広い世界を探せばあるのかもしれないんですけど(だって、知らないですもん)。

2005年10月の記事での微炭酸。。。さんのコメント。

昨日うちでやった初心者迎えてのセッション…シリアスシナリオで終始ギャグでした。行き過ぎ感は否めませんが、きっと勝ちです信じよう(詳しくは『鴎の行くままに 〜とあるTRPG者の呟き〜』をごらんください、宣伝になっちゃってすいません)

きっと、そのセッションが楽しくてしかたなかったんだな、いいなーと思いました。

この「楽しい」というのが「勝ち」になるなら、いいことだと思います。
勝利、大歓迎。


されど、とかく私はヘンクツなので。
何でもこの「勝ち負け」を持ち込むことが嫌いで。

……と書くとなんだか平和愛好者みたいですけど、その真逆です。


超負けず嫌いなの。

「一人ッ子=競争に慣れていない」ってのは他にもいると思いますけど、もうね、このね、「負ける」って感覚が大嫌いなのね!
悪いことしたら謝る、これだってなんだか負けた気分さ!
でも謝るさ!そういうしつけなのさ!!
……でも、だからって「勝ち」たいわけじゃない。人の頭を押さえつけたいんじゃなく、押さえつけられる=負けだけはイヤなのです。
わけわかんねぇ。

先日の冬コミ狂想曲において。
実は冬コミ参加もこの「勝ち負け」が気になって最初はダメでした。
「売れない=負け」なんじゃないかな、と思いまして……初参加+弱小+貧乏くさい体裁+しかもジャンルがクリスタニア=4重苦では「売れる=勝ち」の陣地になんて入れるわけないじゃん!と。
今考えると、勝とうとすること自体私は間違っていたわけですが。

で。
4重苦を背負ったわりには健闘できたので、ホッと年越しをしまして。
年明けに頂いたリプレイの感想で、「誰それのキャラがよかったよ」というのをチラホラ頂きまして。
前にも述べましたが、そういう個別のプレイヤーへのお褒めの言葉は全部本人に伝えています。
先日のセッションで伝えたところ、プレイヤーたちが「えぇ〜、本当ですか〜!?」とものすごく嬉しそうな表情。
あと、海鴎さんにオビのあおり文句を笑ってもらいましたのでその言葉のモトになったプレイヤーにも伝えましたら、「いや〜。ウケ狙ったつもりはないんですけど、人に笑ってもらえたらいいですね!」とこちらも喜びをあらわに。

彼らの笑顔。

もしかしたら、私、彼らの笑顔を見られたのって、「勝ち」じゃない?
(ちょっと頭が可哀想なことになってきているオタク)

いや。
そりゃ売り上げがどうとか言い出したらキリがないさ。

でも、読んだ人が笑ってくれて、それを知ったプレイヤーたちも嬉しくなったとしたら、コレって「勝ったリプレイ」になれないだろうか。

アマチュアの、楽しかった思い出としての「リプレイ」において、「負けリプレイ」なんかありえないはずです、だって、最低限、絶対プレイヤーの笑顔は引き出せるハズだもの。
(普通に書いてれば)

書いた人、皆が「勝てる」。そのセッションに参加した人も、全てが勝利者。
それがアマチュアのリプレイ。

それじゃダメですかね?
posted by 管理人 at 13:46| Comment(3) | TrackBack(1) | リプレイを書こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

必要なのは、ワープロと……

(たまにこのブログは文字化けします。気に入ってるんですがね……)

昨日の記事の、冒頭の「夫婦のバカな会話」が、どうしてか、友人にバカウケ。
ま、チョクの友人に、和んでもらえたら自分としても嬉しいです。
赤の他人様には「コイツら、マジでイカれてるんじゃないのか……」と思われたかもしれませんが、そこまでは考えかねます(そりゃ人間ですから、悪く思われるよりかは良く思われたいでしょうけど!!)。

「あんたらバカだよ!ウケた!!こんな会話してるの!?」
そうだねぇ、「100%本気」で言ってたらホンモノになっちゃった人×2だねぇ。
でも、ふと思ったですよ。

「リプレイにしろシナリオにしろ、“よし、これはいい出来だ!!”と全然思えないでGMなりリプレイなりやる人っているのかなぁ……」

そりゃ、自信満々でやって来るレジェンドみたいな人も怖いです。
でも、あまりにも自信がないのはどうでしょう?

今日もまた、リプレイを書くというこの世界にとってあまり需要のない話をつらつら。
結局は、自分の信じた書き方だけが正解なのかもしれないけど。



書かない人にはつまらない毎度の話ですが?
posted by 管理人 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | リプレイを書こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

おいしいコーヒーは待たずに飲みたい!?

夏休みが終わりました、管理人ですこんにちは。

前半は旦那の実家で働き、後半は旅行(誰もいない海岸でポロリがあった)とサークル(大学時代のが母体)の飲み会でした。

飲み会では、1年半ぶりにSくんと再会したり、初対面のNくんと楽しく御話したり。
Sくんとは8年近くTRPGはしてませんし、Nくんは全く未知数。
でも、きっと彼らとセッションをするとしたら、楽しく遊べるだろうなと思いました。そんな、気持ちのよい人たち。

人の心の傷口を抉って遊んでいたら、「あんた本当はマゾじゃなくてサドでしょう!」と言われました。
ふふ。何も知らないのね。

一流のMになる為には、Sの勉強もひつy(ry

久しぶりに帰ってきたSくんを囲む会だったのですが、いつものセッションメンバー7人中6人が集まり。いつもはどんなセッションしてるのってカンジでTRPGの話題になり。
唯一体調不良で欠席したうちの新人ちゃん(♀)のことはSくんもNくんも知らないので、彼女の話になった時。
皆が彼女の武勇伝を我先に2人に語っております。

「ありえないんですよ!1レベルのPCを42歳にするんですよ!」
「僕が金がないって言ったら、『靴を磨いたら5ガメルあげる』って言うんですよ!」
「軽業師にしたら、マジメな話をしてるのに口からグレートソード出すんですよ!?」

2人は目を見張りながらも、「へぇ、そんな楽しい人なら会ってみたかったなぁ」と彼女の欠席を残念がっていましたが、それに対して全員が、

「「「「うん!会わせたかった!!」」」」

と声を揃えたのには驚きつつも嬉しかったですね。
毎月一回、一緒に遊ぶようになって一年。
既に彼女はサークルのお客さんではなく、かけがえのないメンバーになっていたんです。

実は管理人は現在疲労で熱を出してます。
なので今日はライトな話題をかましたらまた寝ます。
リプレイのこと。
「書く」人の話なので、「読むだけ」、または「リプレイは読まない」方にはつまらん話です、すみません。
おまけにSWを題材にしてしかも私の主観ですから。
そこんとこ一つ宜しくお願いしますよ。

続きを読む前に一服。
posted by 管理人 at 11:25| Comment(5) | TrackBack(1) | リプレイを書こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

内輪ウケ狩りの恐怖!?

大学でTRPGを楽しんでいたあの時代、パソコンも限られた人だけの高価なオモチャ。もちろん携帯電話どころかPHSすら普及率は我々の間では低かったです。1人暮らしも少なくて、自分専用の電話を持ってたのは、私と下宿暮らしの同期(もっとも下宿の人を通じて部屋を呼び出してもらうから夜はタブー)くらい。

そんな私たちが使った連絡に便利な手段。

部室の黒板。

部室ったって、普通に授業で使われる部屋の一番小さいサイズ。9人入れば満員でした。週に1回だけどこかのゼミで使われていたので、授業がない時もたむろできてたくさん思い出を作りました。天井の一部の板がはがせることを偶然発見し、いろいろモノを隠して遊んでいたのは内緒です。
その黒板に、ちょろちょろラクガキをして遊んでもいましたけど。

さて、私が尊敬するTRPGプレイヤーさんといえば、世間の有名人…デザイナーさんとかじゃあ全然ないですよ。顔も知らん!街ですれ違ってもわからんって!!
この、一緒にラクガキをしたりした先輩、YさんとOさん。
どちらもパソコンに詳しく、名GMであり名PL。野球では優れた選手が名監督になるとは限りませんが、GMにしろPLにしろ彼らがテーブルにいるってだけで私は楽しく遊ばせてもらえました。Yさんの作ったガープス・リング☆ドリームの世界も、Oさんの紡ぐウィザードリィの世界も、全然知らない私を瞬時に引き込みました。きっと私が今でもTRPGを愛しているのは、このお二方+αのおかげです。

ある日、黒板に連絡が。

Oさんへ

「魔女狩りの夜に」を貸して下さい

Yより



(エロゲのタイトル)
……全員大爆笑。
真っ赤になってOさんは黒板消しで消したんですが、跡が残ってました。

オープンすぎる関係も困りモンだネ!!

……「狩り」という言葉だけでこの話を引っ張り出してきました。
今日も嫌な話を展開します。



続きを読むと狩りますよ
posted by 管理人 at 14:00| Comment(10) | TrackBack(1) | リプレイを書こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

すれ違う温度差を埋めたい

「ぐわっ!!」



最近、炎天下で放置された車に乗る時に出る悲鳴。
暑い(熱い)ってわかってんのに、乗ればやっぱり漏れる。

先日の話、「エースをねらえ!」ではなく「アタック1」でした。
すみません。

35の質問、ちらほら答えてもらってます。
嬉しいです。
30分で答えられる質問数ですから、どうぞヒマな人、ネタのない人(笑)、やってみて下さい。
そもそも考えたきっかけがですね。
私自身ブログに詳しくないから、いろんな人のブログ活用法が知りたかったのですよ。

今日はリプレイを書く話。
この管理人はいろいろあってこう思うようになりましたってことなんで、リプレイ書かない人には面白くないと思います。


ホントーにツマンナイヨ?
posted by 管理人 at 13:29| Comment(6) | TrackBack(0) | リプレイを書こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。