移転しました。
リプレイ通販:無料配布は5/31申込分をもって終了しました。
「天翔けるゴブリン!?」は一冊¥100です。
内容などについてはこちらを。メールフォームから問い合わせ下さい。
コミックマーケット70スペース確保。金曜です。

2006年04月17日

コミュニケーション@TRPG!!

先日の記事。
向いてるとか 向いてないとか

TRPGをやるのに資格とかなんか何もなくて、ただ「向き・不向き」か「好き・嫌い」かのみだよね、ということをつらつら書いたのですが。

それができないのなら「不向き」にカテゴライズされるかとは思いますが、一つだけ「資格」めいたものを思いつきました。

自分で書いたものを自分で否定。
そんな記事があったっていいじゃない。
以前から書きためてあったメモを起こしていったらけっこう長い文章になりました。
お時間のある方だけどうぞ。




続きを読む
posted by 管理人 at 11:21| Comment(8) | TrackBack(2) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

「面白いよ!」の草の根運動を

どうしてうちのTVはBSが見られないんだぁぁ。
王様の声がイザじゃないかぁぁぁ。
(スネオじゃんって言ったヤツ前に出ろ。)

どんなにヘボいものでも、作って世に出せば「クリエーター」「ライター」ということで。英語では特にそう。昨日習い始めた人でも世界的な演奏者でもピアノ弾いてりゃ全員肩書きは「ピアニスト」ってことで。

特に今、ブログ全盛ですから、そこらじゅうに「ライター」さんがいっぱいです。一日に何千人が来ようと、5人しか来なくても、「ライター」。
ということで。
単なる日記で終わり、ではない人は、自分が書いているものに対して「これ、どうかな?」って思ったことはないですかね?

今日も勝手なことをダラダラと書きます。
私は別段こういったものを専門的には学んでいないので、その道のプロからしたら噴飯モノの記事ですが、それでもよければ下へどうぞ。



続きを読む
posted by 管理人 at 10:51| Comment(3) | TrackBack(1) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

スマートレディになろう

10日くらい前に、焼き鳥(手羽先)を食べたんです。お外で。
昨夜、外出しようとカバンの中を見たら、鳥の骨が入ってました……
泥酔してたわけでもないのに全く入れた記憶ナシ……

さて、カバンです。

コンベンションなどに行く女性に、提案。
前々から思っていたことで先日実践して「こりゃイケるんでないかい?」と思ったことなのですが。

TRPGでの女子ゲーマーのたしなみっていうか2

先人の記事を受けて作成。
別に男性に対する防御とかじゃなくて(んなもんしたことねぇよ!)、やっぱり女の子には見苦しくない所作の方がいいんでないかねと思ったので。

されど怪しい隠語とか出てくるし、興味がない男性には全くイミのない話ですんで。
週末予定がなくて暇な方だけ下にお進み下さい!



続きを読む
posted by 管理人 at 08:07| Comment(5) | TrackBack(2) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

王様のモロ出し、略してオモロ

スパムメールをちまちま消していたらものすごくあせりました。
女レジェンドと同じ苗字の差出人だったからです。
メールなんか出すわけがないのに(先に電話だろう)、涙目になって消去しました。
しかもタイトル「私じゃダメなの?」



ダメです。


メールみたく、あの人も消去できたらいいのにね。
(可愛く言ってみる)


海鴎さんからオモロバトンなんか回されちゃいました!
おのれ、学生さんの分際で社会復帰もかなわぬニート主婦に棒きれを投げつけ挑戦するとは(嘘)。私の何が目当てだコラ!

カレーうどん大好き一家で育った男と結婚したために、カレーうどんの汁作りならちょっと自信が持てた私がさらっと答えてバトンの回遊を自分とこで止めます。
変なこといっぱい、今日も書きますよ。
変なことだって本人が言うからには、変なこと。
たまに言わないでも変なこともあるけど。


Q1.2006年(1月から12月)は何回ぐらいTRPGを遊びそうですか?

単純計算すると、月イチなので12回。セッション数にして24。多分な。しかしたまーに単発も開催するかな。
こういったブログ類を書く人の中では少ない方でしょう。
(逆を言えば、ちゃんとしたTRPG記事を書く人ってのは、ちゃんとセッションを回数こなしてると思うのですが。)
またよく年頃の友人に聞かれるんですが。
「妊娠したらやめるの?」……とりあえず具体的には何も計画を立てていません。


Q2.今年はどんなTRPGでGM(DM,ST,RL等)をしそうですか?

予定ナシ。扶桑武侠傳を入手したらやってみたいですが……
セルフ糞GM認定をしたトラウマが消えない限りGM復帰はないかと思います。


Q3.今年はどんな論考(コラム,雑記等)を書きたいですか?

今年とか去年に関わらず、いいかげん一年やってるんだからそろそろ「いい文章」を書けるようになりたいものです。
人が共感する、まともな記事を書いてみたいですなー。
海鴎さんのように具体的に言うなら、「昨日のことでも10年前のことでも、とりあえず過去にあった出来事を語る」のが中心になるかと。
(ロクな体験してないって噂だけど。)


Q4.マスターの醍醐味ってなに?

一般的な答えならば「物語を作り上げる権利」?
4人集まろうが8人集まろうがGMは1人ですからね、そのテーブルでは。
もっとも醍醐味を感じられる人は、「誰か1人の義務」ではなく「1人だけの愉しみ」と思える人だけでしょうか?
逸範的な答えならば「自分の作った世界に耽ること」。
世界作る前にシナリオもっとちゃんと作ってくれ。
(シナリオの甘さは人のこと言えないけどね。)


Q5.上級者ってなに?

自分でそう言わない人。
言ってもいいけど。自分を一段高いところに置きたいってのがなければ。
人を見下さないと気がすまない(精神の平衡を保てない)人もそばで見てきたけど、誰かを見下したベースの上に築かれるプライドやキャリアなんて地下300メートルに埋めるかまとめて爆破してしまえばいい。
そんな自分のことは「初心者の毛を剃った程度」と呼称しています(生えたんじゃない!剃るんだ!!)
さすがに自分のようなアホンダラの考えなしを初心者というと初心者に失礼だし、なにより初心者の方がまだピュアでこれから伸びてゆくと思うので。


Q6.ハンドアウトってなに?

すみません、自分、ハンドアウトがあるシステムやったことないです。
使ったこともないのにウダウダ書くことはしません。でも、ハンドアウトだろうが何だろうが、うまく使えばセッションをいいものにしてくれると思いますよ。
「前のアレの焼き直し」
http://berusupo.seesaa.net/article/4779096.html
このコメント欄で、ハンドアウトというものがあるんですよと教えられたのでした。
何も難しいことは考えていませんが、以前、ハンドアウトとかはないシステムだけどGMに「あなたは実は●●の人で〜」なことを書いた紙をもらい、きっと皆もいろんなことを書かれてるんだろな、何て書いてあったんだろってドキドキしながらプレイしたことはあります。
どんないいものでも、使う人間がヤバければ意味がないというのが、拙いなりに考えた結果です。


Q7.TRPGは人生の役に立つ?

さぁ、もし役に立っているとしても今はまだ気づかないと思います。
まだそんな長くも生きていないし(ツッコミ不可な!)、さらに人生の中ではまだTRPGに恋している時間は短い。
別に役立てようとも思ってないけど、自分がしわくちゃのおばあちゃんになった時「あの頃、皆でサイコロ転がして楽しかったなー」って思えるTRPG人生だったらそれでいいや。


Q8.ゲームタイトルは隠す?

他の事実を隠す方が先決。
もうね、隠さなきゃならないものが多すぎてね。
……この質問が著作権について書かれているとの前提ですが、とりあえず自分が言及するSNEゲームは鷹揚でよかったよかった。
同人についても同様だし。


Q9.貴方が参考にするTRPG関連書籍、ネット文書を挙げて下さい。

基本的にいつもやっているシステム=SWの関連書籍を読んでいろいろウダウダ言ってます。最初はこのブログもそういうブログにしようと思ったけど、気がつけばSWしない読者さんの方が増えちゃったので書いてませんが。
読書・回遊中に「お?」と思ったことをメモったり、全然関係ないことからTRPGに話をつなげてしまったりしますが、ゲームがどうとかより人づきあい・コミュニケーションを気にしているので、そちら系の読み物は目を通すようにしています。
何をどう読もうと、生かす私がダメならダメでしょうからあとは努力のみ。


Q10.オモロだと思う人にバトンを渡してください

回したら刺されそうなので止めます。
本気でヤバいなという人の回答が読みたいけど、きっと回したら怒るでしょう。
病人は、自分の病気のことはわからないんですよ。
(鏡を見ながら)


友達のTRPG観とかは気になりますし参考にしたいですが、そういうのは直接お酒でも飲みながら聞きます。


結論。
古新聞古雑誌よりも有益、カレーうどんの汁の飛沫よりも無害なTRPGブロガーでありたい。
古紙ってけっこー大事だから難しいか。
カレーうどんの汁も恐怖だし。

自分がオモロであるかどうかはともかく、プレイヤーとしては。
雨の日には傘をさすように、あたりまえのようにテーブルの面々と仲良くできる人になりたい。
まずはそこからだ。
posted by 管理人 at 08:45| Comment(6) | TrackBack(1) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

鏡を見よう、まだ見ぬ誰かのために!?

週末はセッションでした。
「デブ+汗かき+よくしゃべる+のど渇く+お茶飲む=トイレ頻繁」の図式に今回も忠実に則ってたのですが……ボーっとしてて、ラウンドの頭(自分、敏捷度がパーティで一番高いんです、ダークエルフだから)にトイレに行っちまいました。
ま、キュアを一人にってだけだったんで横の人に振ってもらいましたが。
トイレでハッと気がついたけど、誰かかわりにやってくれるさとウォシュレット続行していました。

今週は迎撃セッション。
心をこめてインターセプトさせて頂きます。
「マイリー・チョップ」の先輩と「イサーン」の先輩が帰郷なさいます。
(ご存知ない方は単語で検索かけてみてね)
「成長したオレを見てくれ」なんてとても言えた身分じゃないけど(俺様サークルの底辺状態)、これもご恩返し!アンド純粋に邂逅を楽しんできます!

さて。

「オタクも身だしなみに気を使おう」が私のスローガンの一つであるわけですが。
別に、今日も頭の中でそのジャンルについて思ってることを書くだけです。
「お前らもこうしろ!」とか「だから私の持論は正しい!」とか言うつもりはありません。
皆が大好きな「人それぞれ」という言葉がこんな時は便利。

ただ「こうありたいかな、私は」というだけ。
フツーの人は、こういう風に戒めなくとも自然にやっているんじゃないでしょうか。
どうでしょう。

ちうわけで身だしなみに興味が全くない人、身だしなみやオシャレを気にするのは愚かな女性のすることだと思われる方にとっては噴飯ものの記事ですので。

でも、今回は「心の身だしなみ」かな、どっちかというと。

ご了承下さる方のみ下へどうぞ。





続きを読む貴方、見られてますよ!
posted by 管理人 at 12:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

改めてアンケートなのです

テレビ番組の話題が「団塊の世代」についてでした。
そういえば昔、「団塊」を「団魂」(だんこん)と読んだ女性がいたっけなぁ……

このブログの読者様に、連休中に成人式を迎える方はいらっしゃるでしょうか。
おめでとうございます。
明るく前向きにTRPGを楽しみつつ、社会に出ていって下さいね。
オトナになればなるほど、TRPGをやる機会も減っていくのが大半です。
皆の時間を合わせるのは大変ですから。
今学生さんという方は、思いっきりTRPGを楽しんで、将来「もっとやっときゃよかった!」ってことのないようエンジョイして下さい。
ベルスポは若人(あきらじゃないよ)を応援しています。

さてはて、先日は書きかけの草稿をこちらに上げてしまって本当に申し訳ありませんでした。
ごっつ恥ずかしい思いをしたんですが……


このブログで、今更恥もないよね。

というわけでさらりとスルー!
強引にスルー!
このブログのウリはヘボいゲーマーのヘボい文章です。
(そんなんウリにしないで反省しろ)
操作がヘボくたっていいじゃないか。
(あんまり良くないような気もしますが)
別に誰かの悪口書いたわけではないし、セッションで失敗したら反省もするけど。

というわけで、改めてアンケートです。
コメント欄でもかまいませんし、HNを持たない(通りすがりというのはご遠慮下さいませ…)方や恥ずかしいなぁという方は右サイドバーの「メールフォーム」からでもかまいません。
そしてもちろん、ミクシィの方はメッセージ機能からでも歓迎です。

「TRPGリプレイの同人誌を読んだことがある方」
「ベルスポの記事を10本以上読んだことがある方」


……を対象にしたいと思いますが、リプレイに関しては想像でもかまいませんし、普通の小説同人誌の経験をもとにした回答でも歓迎です。
そして、前者はわからんが後者は答えられるという方ももちろん歓迎です。

そんな条件ですが、協力したろう!って優しい方はお願いいたします。
下へお進み下さい。質問を読む。
posted by 管理人 at 09:50| Comment(13) | TrackBack(1) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

ThisIsTRPG!!

TRPGがやりたいとします。

目の前にはコンベンションのチラシがあるとします。
でも、日程が自分にとって都合悪いとか、場所がちょっと遠いとか、立つ予定のシステムが好みじゃないとか、前にコンベンションで怖い異性に出会ったとか。
ともかくいろんな理由があってそこには行かないことにしたとします。
でもTRPGがやりたいんです。
どうしますか?


自分で何とかする。


そりゃそうだ。もういいトシなんだ、考えろ自分。
日程がアレだというなら自分で予定を空けるか別な日のコンベを探す。
場所も、まぁ我慢して遠くまで行っても大丈夫かどうか検討するか近場を探すとか。
システムが好みじゃなくてもいい人に出会えるかもしれないからそこに賭けてみるとか。
異性については私はあまりすごい経験はしてないんですがまぁオノレの辞書に泣き寝入りはないんで(友人にそう言われた……そう見えるんだなきっと……)。

方法のひとつとして、自分好みのテーブルをいっそセルフプロデュースしちゃうってのはどうでしょう?
そりゃ、面倒です。GMとPLの確保、場所と日程の選定、各種連絡。
でも、得られるものは大きいんですよ。
コンベンションに限らず、人の集まるイベントを開くことがライフワークになっちゃった人ってのは、その収穫の素晴らしさに魅せられたんではないでしょうかね。

お前はヒマなんだからやれというのが正論ですけど、時間があるってだけではなかなか率先してやる気にはなりませんやね。

現在私は月に一回のキャンペーンで充足していますが、そこは視点を変えて。
いろんな人とたまに遊ぶのも良かろう、幸い知り合いも増えたしということで、PL6人+GM(便利な旦那ですよフハハハハハ)確保できそうだしやっちまえー、と。
キャンペーン=毎月拘束が難しいけど、単発ならばって人もいました。
いつもの人と遊ぶのもいいけど、こういうのも純粋に面白そうじゃわいと思ったんですが。
この経験もきっとGM、私、皆さんにとってプラスになると思ったのです。
絶対発見があるはずだ、と。

「さながら1卓しかないコンベンションですね!」
と息巻いたら、
「いや、こういうのはオープン例会っていうんです」
と冷静に指摘されました。
ものを知らなくてすみません。


と、えっちらおっちらと札幌に行ってきました。


いざ、新顔セッション大会。


集合前は不安と期待でゴチャマゼ、帰り道は幸福に満たされた私の、マズいレポート、どうぞご覧下さいませ。





どうぞお読み下さいまし
posted by 管理人 at 07:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

許せ、許しちゃるから!

起きてテレビつけたら「星座ー×」(ペケ)って新番組が。
(検索されぬようさりげなく伏字を装う)
変身モノですが、とりあえず見た三人は「ライオン」「ワシ」に「カブトムシ」の戦士。

………?
カブトムシ???

それ、良質のタンパク源として食物連鎖に組み入れられないか?他の二人に。
まぁ、昆虫系は今流行してるからして。


しかしアレですね。

ガソリン高ぇな!!

昔はリッター90円くらい。
それが今や+30円。
私どもは僻地に住んでますので、よく使います。
ひと月に4回、30リッター入れるとしたら……?

私のちょっと特殊な(頭のではありません)医療費も今月から倍だし、マジで首くくりたくなりますなぁ。北海道の僻地を走るぶんには、関東の方には聞かせられないくらい燃費がいいのですがね。

でも、車を走らせないとセッションには行けません。
オレ、車使いたくないからさーって人を自分ちに呼ぶなんて論外です。
(去年、まだ会場を押さえるノウハウがなく数度自分ちでやりました。遠いのに来てもらったんでかわりにお茶と食べ物を提供させてもらいました)

人が複数集まる以上は絶対お金も出ていくし、ある程度の出費は覚悟。一日過ごすし、皆住んでる場所は違うし、自宅とは違うんだから。

だから、お金を出す価値のある一日にしたいかな。
逆に、いくら積んだって楽しいセッションは買えないでしょ?


昨日の話題とは一転して、私という人間のいいかげんっぷりを語りますね。
本気でアバウトですから。



続き、読む?まぁええよ。
posted by 管理人 at 10:30| Comment(2) | TrackBack(1) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

俺はお前でワン・フォー・オール?

いい天気です!
今日はお休みです!!

金がないので家にいます!!!

死んだら楽になれる? 特定疾患の医療費が今月から倍に……助けてアリコかめーん!!

「正しい恋愛のススメ」よりうろ覚え。
後悔したっていいでしょ。
後悔しない人生なんて面白いと思う?


セッションのたんびに後悔してます。あそこはあぁしときゃよかったなーとか。

TRPGのブログとかサイトっつーと、何やら難しい話題が多いですね。
昔はどうだったとか、こういうモンはどうたらこうたらで法則がうんたらかんたらとか。
新しいシステムを覚えるのすら四苦八苦している私にはサッパリです!
(どたまのメモリが決定的に少なすぎる)
なので、このブログにはそんな難しい話は一切出てきません。
難しい話なんかしようと思ってもできないのです!!
(威張るな)
昔からある用語もたいして知らないので(最近調べて、やっと「鳥取」って言葉がわかったYO!)、勝手に自分で名前をつけたり。
結果、自分の一番嫌いな精神論にも近いことばかり書いてます。
だって、TRPGで一番不快なことってルール解釈やゲームの歴史とかが原因じゃなくて、人と人が接触することによって生じてるじゃないですか。逆に、人と人が出会うことでステキな時間が過ごせるじゃないですか。

じゃ、趣味をエンジョイするためには何が必要かって言ったらやっぱりそっち方面を気にした方が早いと思うんですがねぇ。
ま、いっつも勝手なことばっかり書いてます。
そう、やったらアカンことはあれど正解なんかない世界ですから。
今日もそのケの話題でいっぱいです。



先生!オレ、続きを読むよ!!
posted by 管理人 at 13:33| Comment(3) | TrackBack(1) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

感謝と尊敬∞

かなしいときー。
掃除したトイレに間髪入れず旦那が入ったときー。
(このショックは主婦にしかわかるめぇ)

日に日に寒くなってきて鼻水すすってる管理人ですこんばんは。
昨日のテレビでびっくり。
「武士はくわねど高楊枝」って言葉は、だいたいハタチ前後から下の世代は使わないとか。
じゃ、10代のへっぽこリプレイ読者は、「ファリスはくわねど高楊枝です!」ってイリーナのセリフはわかんなかったんでしょうか?
まぁ、TRPGやってるような人は同年代よりかは読書してるでしょうから……

今日は、過去の話からまたひとつ。
老人じみた昔話ですけどそれでもよければ。
タイトルは「わたしのそんけいするひと」で。

ふと気づいた、自分が幸せであったこと。
案外、幸せの中にいる時って気づかないもんです。
あとからわかるもんです。



続きを読む前に鼻をかませて下さい(ずびっ)
posted by 管理人 at 07:27| Comment(5) | TrackBack(1) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

息子よ!親に言えない遊びって何だね!?

うぁー、間があきました。
海鴎さんち(ライブ●ア)も重たいみたいですが、真昼間にやってる私もおととい、突然編集画面がフリーズ。
ふてくされて「タクティクスオウガ」の「死者の宮殿」を攻めたりしてました。
オウガ楽しいなぁと思いつつ、
「これで、SWタクティクスオウガとか作ったら私もアレな人かしら?」
とつぶやいたり。

皆さんは、ご自分の親御さんと気が合いますか?
合う、それは素晴らしいことだと思います。
親と子供、だいたい20〜30歳くらい違うじゃないですか。
それだけ違えば、価値観なども全然変わってきます。
そんな中で親と気が合う・通じ合えるってのは素晴らしいことだと思います。
大事にしましょう、そんなカンケイを。

何が言いたいのかって。
自分の親がわからんのです。

何故WCに浅野内匠頭の辞世の句が?
(風さそふ〜ってアレです)

好きなのかっ!?
それともご先祖様パート2かっ!?


……
………さてさて。
恒例の「皆さんはどうしてます?」シリーズ。
今まで「コピー代は?」とか、しょうもない疑問をしてるんですが。
今日も、しょうもない質問をぶつけてみます。
あくまでネタ程度に流せる方のみどうぞ。


お母さーん、続き読んでいい?
posted by 管理人 at 17:45| Comment(14) | TrackBack(2) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

超人パーティと凡人パーティ

最近芸能の事件がらみで女性のアナウンサーが叩かれたけど、なかなかどうして女子穴ってのはおもろいですよ。今朝なんぞ(6時前から起きてて、それしか見るもんないんです)、ハチミツについて可愛らしい方が説明して下さったのですが。

「ハチミツは体によくって、太りづらくなりにくいんですよ!」

……そんなもん紹介するんじゃねぇ(10秒くらい必死に考えた)。

「言い間違い」で失敗したこと、セッション中にありますか?
私たちはあります。
ナニをトチ狂ったのか知りませんが、潜入系シナリオで、相手方には番犬もいるって時に。

「風上から近づきます!」

と全員で宣言を間違えたことがあります。GMも「あ、そ。風上ね?」と直してくれないし。うちらも3回くらい聞かれて、そのたびに「はい!風上です!!」って言いました……ミッション失敗じゃなかったけど大変でした……後述の頭のいいPLもいたのに!

昨日、「能力値よりも装備よりも、強さとはチームワークである!」と一昔前のスポ魂みたいな陳腐なことを述べました。
今日はその「能力値」についてまたゴタクを並べます。
マジでどうでもいいことばかり喋ります。しかもまとまりがありません。
ま、戦闘民族サ◆ヤ人な方も、ロールプレイが大好きな方も、読み流せる方だけ下に進んで下さい。





続きを読む
posted by 管理人 at 14:25| Comment(6) | TrackBack(1) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

新種のゴブリンがヒットアンドアウェーで山賊もびっくり

整理整頓が苦手な上に、紙類がたくさんあるのが宜しくない。
どうしてキャラシートをなくす!
(誰か、うちの子知らない!?)

R&Rの、SNE座談会でのP12、清松先生のお言葉。

『ソード・ワールド』は事故が起こるようにデザインされてますからね

とりあえず、「ダイスを憎んで人を憎まず」で書いた、
でも、絶対失敗のない行動や、失敗をしても人死にが出ないと保証されているノーリスクハイターン・シナリオなんて面白くもなんともありません。
とりあえずセーフかな。デザイナーが言ってるんだから(笑)。
失敗=事故があってもしかたないって。
それでも、絶対人死にを出さないようなルールの捻じ曲げ(ハウスルールと呼称するに値するのか?)をしてる人がいましたけど…全員揃ってハッピーエンドもまぁ楽しいですけど、毎回毎回絶対死なないことが約束されているシナリオなら、別にやらなくてもいいやぁ

てか、オレらの卓に来て、嫌だっただろうなぁ(笑)。
生死判定平気でしてるし(慣れてる人多いし!)、ガンガン強打とか1ゾロ=失敗が乱舞してるし。
経験点って、苦労してもらうもんじゃん?

今日は、アレです。
唐突に、あちこちのブログとか読んでて思い出したこと。

でも、
「SWをやらない人」
「SWが嫌いな人」
には読んでも全く面白くないと思います。

お恥ずかしくも。
「首●イフ問題」にも似た、ウチ流SWの話です。
肯定とか否定とかでなく。あくまでウチの話なので、クレームはナシの方向で。



夜更新をすると重たいから嫌なんだよなぁ……
posted by 管理人 at 22:14| Comment(5) | TrackBack(1) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

適材適所!?〜おいしいTRPGを食べよう

先日の記事内、大学の勧誘ポスター「オタクおことわり(まにあってます)」の後日談。
結局来たのはオタクばっかりでした。
間に合ってるって書いてあるじゃん!!

さて、北海道ローカルのニュース。ネット配信はされていないようなので。
されとりました

北海道銀行長沼支店で横領
南幌町在住の女性契約社員(30)が35万ほど、ポッポナイナイしようとしていた
模様。私以前この人と別の銀行関連会社の同じフロアで働いてました(苦笑)。


これを受けて、世のTRPGプレイヤーの皆様へ。
シーフ技能や、詰所に連行された際のリアリティは絶対に追求しないで下さい(笑)。
想像力だけでいけ!

本日、また怪しいタイトルですけど何のことはないいつものお話です。
お読みになる場合は自己責任でどうぞ〜。

「いもたれ」=「芋タレ」と変換するWinXPって…
posted by 管理人 at 14:30| Comment(8) | TrackBack(1) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

ゲーマーたる前に、紳士淑女たれ!

はいはいはいはい。昨日はネタですみません。ってこのブログ自体ネタなんですけど。今日は夜更新ですが、一応記事の内容の中で友人に確認を取ったりしてました。この考えでどうよと。了承を得たので、ゴー。

先日の記事を読んだ友人に「13回はいくらなんでも多すぎだろよ」と言われました。一日のセッションで1ゾロ=大失敗した回数なんですけど。うーむ。2本のシナリオで3人のPC使って、ビーストマスターの戦士2人とダークプリーストなら確率的に13/468回はまぁ許して欲しいのですが。それに近いだけ、一番回数振ってるわけですし。でも目立たなかったのは、横にこのサークル最強の、ダイス目の悪い女性がいたからです。木は森に隠せ!

で、以前いろんなクラスと種族をやっているがエルフはやってない、と申しました。
せっかくだから、やろうではないか! と、エルフをやることにしましたよ。



ダークなんですけどね。


(管理人の母親・談:ほんとうに ともだちを つくるのが へたな こどもでした)

本日は、あえてTRPGから少し離れてみたいなぁと思います。すぐに戻っちゃうんですけど。
されど、危険な発言はいつもより多いのです。最悪、その人の存在すら許せない差別(区別だと思ってるんですけどね)発言と取れる部分もあります。
でも、TRPGジャンルにおいてはどうでしょう、こんな奴いないよって自信持って言えるでしょうか?

前にも書いたように、私どもが遊んでいるのは、濃ゆくてお下品で仲間を罵倒する集まりです(蝶さいてー)。毎度毎度、腹筋がよじれるまで笑い倒して解散します。
でも、これだけは言えますよ。
活動母体が大学のサークルなので、他にいろいろいますが(他で動いている卓もあってよくわかりません)、私たちの集団においては、

2005年5月現在、人として恥ずかしい人は1人もおりません。

簡単に言うと、家族と同居している自宅に彼らを連れてきたとて、親が眉をひそめるような人間はいないんです。胸を張って「オレの友人!」と紹介できちゃいます。

別に、「TRPGゲーマーとは」とか、「プレイスタイルとは」とか、大層なことを言うつもりも文章力もキャリアもありません。
ただ、楽しくゲームをするなら誰でも持っていなければならないことが、いくつかあるだけです。
このブログをお読みになった方から頂いたお言葉に、
「ほんの少しのマナーや常識が大事なんですよね」
というのがあります。
本当に、ほんの少しなんです。
普通に成人するまでに、身についてるはずなんです。
だからたいしたことは書いてありません。

TRPGゲーマーとして、ベテランだの初心者だの、善玉だの悪玉だのと言う前に、皆さんマナーをわきまえた大人でありたいと思いませんか?

本気で危ない発言が量産されていますので、お読みになるなら本当の本当に自己責任で。

【暴言度★★★★★】
じぇんとるめーん。
posted by 管理人 at 22:44| Comment(2) | TrackBack(2) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

戦うか逃げるか〜殺られる前に気づけ!

昨日の記事で、「バーサーカー」タイプの悪玉菌オタクについて考えた後、夫とぶつくさ風呂で話し合ってみました。

「たとえば、『虹の水晶宮』のターゴン島監獄襲撃&人質救出シナリオでだな。こっそり行くべと皆で相談してるのに、●●(伝説の悪玉菌の苗字)みたいなのがキヒャヒャヒャーと叫んで一人でマトック持って向かってったらどうするかね。●●に続いて渋々他の面々も後に続いた時点で全滅したも同然じゃないかと思うんだが」
「こっちがどんな戦力を設定してたかにもよるが、案外力押しが成功することもあるから一概に失敗策とも言えない。ただしプレイ時間じたいはものすごくかかるが」
「なるほろ。相談する時間がないかわりに戦闘が長引いてチョンチョンか」
「ただし、こっちもバカじゃないから、狙いが何かわかったらすぐ対策は取る。ま、バンザイ突撃やった段階で全員に新しいキャラクターシート渡してやるのも●●には薬かもしれないけどなぁ(笑)」
「……せっかく5レベルになってても、1レベルからまたスタートかい」

さて、悪玉菌オタクという内患を抱えてサークルを運営している方々。
結局、オンライン・オフラインの差はあれどTRPGは人間と人間がやるものです。人間が考えてゲームを進めるものです。
悪玉菌がセッションをガタガタにしたり、暴走で周りの人にまで嫌な思いをさせているのを見るのが、
許せるか許せないか。
我慢できるか我慢できないか。

結局はどっちかしかないんですよ。気持ちの問題ですから。
そして、許せない・我慢できなくなったらどうしますか。
もう本気で悩みぬいた末に、自分が辞めるかその人に辞めてもらうかしかないわけですよ。
危険ですけどね。こういう考え方は本当に。
ただ自分が辞めても、周りの人は救われませんが。人数が減ったらよけい悪目立ちする悪玉菌オタクだけが残って。

さて、そろそろ最終クールか!?

【暴言度★★★★☆】
まだ続くのかよ。
posted by 管理人 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

悪玉菌オタク図鑑

先日の記事、腸内改善計画と銘打った悪玉菌オタクについて。
身内、特に苦しんだことのある人からもまぁ支持はもらえたのでヨシ。
肝心の悪玉菌オタクからはブーイングが来るかと思いましたが、
ホンモノの悪玉菌は自分のことだなんて思ってませんから。

ここに、悪玉菌オタクの特徴を羅列します。
これだけは間違えないで頂きたいのは、一個抵触したからといってイコールその人が悪玉菌オタクというわけではないことです。下に述べたことをやったことがある人がいても、その人が悪玉菌オタクと断定するのは早いです。また、普通の人でもこれらの特徴を持っていることが多々あります。
ただ、悪玉菌オタクの下に挙げる特徴を総括する大きな特徴として、
匙加減・引き際を知らない
というのがあります。
要するに、やりすぎる・引き際をわからずに暴走するから悪玉菌オタクなのです。

最初にお断りします。
過去に私とセッションをしたことのある人は、「あぁ、あの時のことかな?」とお思いになる方もいらっしゃると思います。
悪玉菌オタクの記憶は強烈ですから。
これを読むことで、嫌な記憶を掘り起こすことになるかもしれません。また、解釈が私と違うことで違和感を覚えるかもしれません。
それをふまえて、ここからお進みになる場合はノークレームでお願い致します。

さて、今日も自己責任で読んで頂けますかな?

【暴言度★★★☆☆】
いいともー!!
posted by 管理人 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

腸内改善計画(イヤン度最強)

間があきました。
基本的に早番(もちろん私のでなく)が続く時は更新スローです。
って、読んでる人にはわかりませんやね…
夕方原稿を書こうとしたのですが「コロッケたくさん」とリクエストがあったので、1キロ強のジャガイモと戦っておりました。おいしく退治して経験点20点ゲット。
コロッケは2レベルモンスターだったのか…

TRPGサークルで、入ってきた人が定着しなかった原因は何でしょう。
TRPGじたいがその方の肌に合わなかったのもあるのでしょうが、他にも原因はあると思います。
その時のシステムのミスマッチ。
ロボットものが好きでない人にワースやメック等をさせても面白くない(好きになるかもしれないけど)し、剣と魔法のファンタジーが好きなのにサイバーパンクさせても以下同文。
これで「次はキミの好きなシステムやるわね」ならまだわかりますが、前にも述べたけど新人に全然優しくなかったとか。ルールや世界観、それまでの流れなどの説明が不十分だったりシナリオの都合で長時間放置とか。何だかよくわかんないまま座らされた数時間は拷問です。TRPGがキライになったかもしれない。
それに派生して、その場にオタク…悪質のオタクがいた可能性があります。
それで、新しく来た人はなじめないどころか「TRPGとは自分にとって絶対なじめない世界だ」と思いこんでしまい、あの人らとまた遊びたいという気持ちがなくなってしまいます。もしのちの人生で「ねぇ、TRPGしない?」と聞かれても「やったことあるけど私には合わないわ」となることでしょう。
悪質なオタクとは破壊力の塊です。
はいはい、今日も暴論ですから。
眉をひそめたらここでブラウザ閉じて下さいませ。

【暴言度★★★★☆】
読みます。読むともさ。
posted by 管理人 at 20:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

ニューフェイス・ニューパワー・ニュージェネレーション

エゴばかりですからたまにはマジメにイイ話を書いてみましょう(ムリくさい)。

セッションをしよう。
GMは決まった。
あとはプレイヤーだな…
となった時。

もちろんムリなこともありますが、あなたがTRPGを愛している、このジャンルを活性化させたいと思ったら…
新人発掘をしてみませんか?

ゲームに限らず、スポーツなどでも、新人が育たないジャンルというのは衰退の一途を辿っています。既存の人間だけではそれ以上人口も増えずいつも見た顔、いつも同じ雰囲気…

たとえるなら、水の入れ替えをしない水槽です。ポンプで新しい水を送ってやらないと、中の金魚はいつか死んでしまいます。

私は大学時代、ガープス・リング★ドリームをきっかけに、周囲に説明上手でプロレスファンの先輩が多数いらしたため女子プロレスの魅力にとりつかれました。もちろん見る方ですが。この前水着試着したらストロングスタイルって夫に言われてマジでヘコみましたよ。
女子プロレスも今ものすごく衰退しています。老舗全日本女子もとうとう幕を下ろし、絶対安泰だと思っていたガイアも解散決定。この世界でも、新人が育っていないのです。それがジャンルの衰退と無関係なはずがありません。ガッツのある女の子はいるのですがいかんせん少ないし、やはり往年の名選手などに比べると近年小粒化してるし、怪我に泣き負傷欠場→そのまま引退しちゃう期待の若手が、私が観戦するようになってからの数年、何と多かったことか。もちろん入門したコ全員がデビューできるわけじゃないです。リングの上は誰でも上がれるわけじゃない聖域なのですよ、なのにウケ狙いでヘンな一般人とか上げるんじゃないよブツブツとか思うのですが、この世界、プロレスに関しては博識な方が多いのでボロが出る前にヤメます。

たとえが遠大なものになりましたが、まぁ、そういうことです(どんなだ)。
新人が育たなければ、TRPGというジャンルそのものが先細りしちゃいます。
好きな人は何があっても続けるから大丈夫じゃん?と思うでしょうが、大人がコンスタントにTRPGを遊び続けるのは難しい。社会人になってサークルの代表(日程調整とかのみ。実権はもちろんゼロですよー)になって、他のメンバーや大学時代の友人の話を聞いて、本当に難しいよなと実感しています。
また、新人に優しくないサークルは先が見えています。
新人を甘やかせと言ってるんじゃありません(私が入った時は親切な先輩が多くてすごくいい思いをさせてもらいましたが)。でも、この先ずぅっと、今のままで遊び続けられる保証はあるのでしょうか?

SNEのリプレイに秋田みやび先生、藤澤さなえ先生が投入されたのも、新しい力がこのジャンルを活性化させることを期待してじゃないのかしらとも邪推
でも、初心者・新人ならではの発想ってあると思うんですよ。そういうのに触れて、とても新鮮さを感じたから、是非どこのサークルでも新人発掘をすべきだ!と思ってこの文章を書いています。

新人にもいろいろです。ウチでいうとメインシステムがSWなのでこの基準なのですが。
例。
・前からTRPGはやってた。でも他のシステムが殆ど。
・やったことないけどロードスの小説とかは読んだことがある、程度。
・全くのド新人。何となくファンタジーはわかるけど…
・大昔にSWをやってたよ。
・普段は別のサークルでSWを遊んでいます。
だいたい大雑把に分けるとこんなカンジで。

もし新人が初めてTRPGをやる人だとしたら。慣れて自在に行動できるようになるまでは、全員でしっかりサポートしていくことが肝要です。当たり前のようですが、意外と難しいです。どこまで手取り足取りしたらいいのか、いつまでサポートすればいいのか。もちろんそういう風に悩んで考えたり相談しあえるサークルは最高。あとは新人さんのTRPGを楽しみたいという気持ちしだいで、素晴らしいセッションになるでしょう。

如月翔也先輩(先輩引用スミマセン〜)のサイト「Bad Trip」で、先輩がD&Dを初めてプレイなさった時、キャンペーンか何かの途中から入った卓で、自分だけ1レベルで始めさせられた上に「じゃあ、後で登場するから、ちょっと休憩してて」と最初は30分ほど放置され、やっと登場したけど何だか命を狙われていて、気がつけば盗賊ギルドに処刑されてしまい、残り4時間半座っていただけという出来事が書いてありました。
新入りへの対応としては最悪です。
如月先輩は素晴らしいGMでありPLですが(もっとも尊敬するTRPGプレイヤーの1人です)、もしかしたらここでTRPGをやめていたかもしれません。TRPGに興味があって、わくわくしてやって来た人にとってはそれほどの仕打ちですよ。

GMにとって、考えていたキャンペーンの流れというものがあるかもしれません。
でも、自分の中のストーリーを優先して、PLを放置するというのはどうでしょう。

かくいう私も。
初めて入ったSWのキャンペーン(途中参加)で、2時間放置されたことがありまっす☆
今考えると「刺してやる」くらい怨めますが、あの当時は「TRPGってこんなもんなのか」と、周りのやりとりを見ておりました。もちろんその時のGMは、私が入ることは前もって知っていましたよ。

あせるのは、周りの先輩。小休憩のたんびに「ど、どうしましょう?」「ヤバイっすよ!」と相談しあい、「は、早く入れてあげないと」とGMに言って下さったそうです(ありがとうー)。それでもGMは軽く無視して自分の元のシナリオを2時間遂行した上で、やっとこさ私のPCが合流したのでした。18時から始まって(PCは作成済み)、参加したの20時。
私は修行中ですか。
…よく今までTRPGやってるよなぁ自分も(笑)。

もちろん、SWを知り尽くした人だけでやった方が絶対楽です。完全版持参で、説明しなくとも全部やってくれるし。とりあえず今の人数でも開催不可能ってわけじゃないし、と。

でも、あえて新人さんを入れてみましょう。

同じメンバーでずっとやってると、いくら新しいキャンペーンになっても、雰囲気が同じパーティにしかならないことが少なくありません。もちろんサークルの仲間は絶対無二の親友。大切な永遠の友です。
そこに、新人さんが入って、彼(彼女)が、自分の分身であるPC作りをする。TRPGの楽しさを知った新人さんが、違った角度から見た意見を出したり面白い発言をする。
この前まで人に聞かないと何もできなかった人が、いつの間にか行動宣言やダイスロールを、全部自分でやるようになる。
結果、あなたのサークル内に、新しい力が根付く。

社会人になると、転勤などの理由でその人がサークルを巣立つこともあります。
でも、TRPGの楽しさを知った彼(彼女)は、新しい土地でも仲間を探して、TRPGを続けようとするでしょう。案外、GMに挑戦なんかしちゃったりして?

TRPGに興味のある人を誘って、ルールなどをちょこちょこっと教えてあげて、一人のTRPGプレイヤー誕生の手助けをする。
それは、素晴らしくやりがいのある作業ではないでしょうか?

……絶対オチをつけずにいられない性格が嫌だ……
【暴言度★★★★☆】
ニューフェイスのフレッシュさに比例して“自称ベテラン”の色あせて見えることよ。
posted by 管理人 at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

GMに必要なもの?(実録イヤン話濃厚です)

そろそろまともな話になってきたような気も(笑)。
さてさて、全国のマスターやってる皆さん。過去にマスターしてきた皆さん。
ご自分のマスタリングを振り返ってみてどうでしょう。
ここで、オレはナイスで皆にも好かれてるクールなGMだ!足りないものなどないぜ!!
…とか思う方がいらしたら。

1人地雷原な人の可能性があります(笑)。いや、可能性なだけね。

ご自分のマスタリングにはまだまだ改良すべき点があるとお思いの方。もっとうまくなりたい!もっとPLを惹きこませるテクが欲しい!とお思いの方。
その向上心をお持ちの限り、プレイヤーはあなたのシナリオを楽しみにしていますよ。頑張って下さいね!

ほんでもって今日の実録バナシ。今日も無断です!!(実名出てないしもう時効かと・笑)
【イヤン度★★★☆☆】

友人に借りた同人リプレイ(システムはSWじゃなかった記憶)です。その友人がプレイヤーの1人として参加、もうおつきあいのないご友人がGMだったそうです。テープ起こし・リライト・編集全般はGMが担当、カットは全員で持ち寄るという女性サークルによくあるスタイル。

文章の余白に気になる一文がありました。

GMに必要なものは忍耐。

これにとても違和感を感じたので、うちのGMや他のGM経験者にも聞いてみました。本当に忍耐が必要不可欠なの?
回答は全員「」。

ついでですが、私もマスタリング経験者です。
クソマスターですけど。
それでも、自分になくて、あったらいいなと思ったものの中に忍耐は含まれておりません。
もっと切実に欲しいものがあります。
ちゃんとわかった上で自分にクソマスター認定をしていますよ。

いろんな方に問うた結果、GMにとって大切なものは…アドリブ。
これがまず大事じゃないでしょうか?知識やシナリオ作成力、バランス感覚、どれも大事ですけど。
いくら小説を書くのが得意でもGMが上手にできるかと言われたら少し違いますよね。精緻なストーリーを考えても、プレイヤーはその通りに動きません。脱線、勘違い、思い違い、いろいろあって大変です。そんな時レールの上を外れたがるPCたちを機転を利かせてレール上に戻してやったり、とっさの発言や行動に即座に対応していきます。
マスタリング巧者を見ていると、あとで「あそこはシナリオにない部分だった」と言われてあっと驚くこともありました。
上手な人は、シナリオの領域とアドリブの領域の境界線を見せません。

でもでも、どうして、このリプレイのGMは忍耐が必要だなんて思ったんでしょう?
聞いてみましたよ。
原因は、行き詰ってPLたちが黙ってしまってそこで時間が経過したからだそうです。
なんだそんなことk
難解な謎解きや推理シナリオでは私たちもよく困ってしまうことはありますが、それもGMの機転・強制でどうにかなるものです。「実時間にして3分以内にどうするか決めようね」と言われたこともあるし、最初から時間のかかる場面だとGMも腰を据えて待ったり。
…多分、待つことに慣れていなかったのか、その方は黙ってしまったPLの処置に困ったのでしょうね。
それだけなら別に、それは発行する同人誌に書くべき部分じゃないなー、何かイヤミっぽいわーくらいで話の種にもならなかったのですが(ネタをありがとう!笑)、言ってはいけない一言があったらしい。

「早くしてよ。テープないんだから」

……アイタタタ。()
もしセッション当日。ご自分がテープ用意したテープが足りなかったらどうしますか?
コンビニに走れ!としか言えませんね。まだ120分テープが高かった時代かもしれませんがこりゃいただけません。こういうことを言うくらいなら録音なんかしちゃダメです。
このGMさんは、プレイヤーたちのこと、もしかしたら愛することができてなかったんじゃないかな…?
なんとなくそんな気がしました。

改めて、GMに必要なもの、というか、コレが欠けてるからクソマスターになりかねないというもの。ここから心臓の弱い人は読んだらアカンですよ!

【イヤン度★★★☆☆】
【暴言度★★★★☆】

心臓は丈夫。ここから先は自己責任。
posted by 管理人 at 13:14| Comment(2) | TrackBack(1) | 今日の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。